個人事業主の開業届を簡単に行う方法:開業freee編

個人事業主の開業届を簡単に行う方法知っていますか?

フリーランスや副業を行いたいと考えたことは有りますか?

私は、兼業のフリーランサーなので、日中はサラリーマンとして勤務しています。

しかし、フリーランスとしての収入も一定額を超えているため、個人事業主としてでも有ります。

昨今では、私の様なスタイルの人がどんどん増えているため、個人事業主の申請件数も年々伸びています。

しかし、個人事業主の開業届を行おうと思っていても、色々と悩みが出てきますよね。

個人事業主の開業届の方法を知りたい
必要書類の作成方法を知りたい
もっと簡単に個人事業主の開業届を行う方法を知りたい

この様に、個人事業主の開業届を出す際のお悩みを簡単に解決する方法が有ります。

そこで、今回はWEBで簡単に個人事業主の開業届を提出する事が出来る「開業freee」の紹介となります。

個人事業主の開業届は開業freee

スポンサードサーチ

オンラインで開業手続ができれば個人事業主へのハードルが下がる

個人事業主の開業届がオンラインで出来る事は、具体的にどういたメリットが有るのか?を考えてみます。

フリーランス・副業へのハードルが一気に下がる

最近では、大手企業でも副業OKになったりしていますよね。事実、起業・副業志願者は年々増加していて、個人事業主の開業届の申請件数も増加しています。

しかし、開業時の手続き方法は、書類作成し税務署へ提出しなければならないと、手続きのハードルは下がっていませんでした。

そこで、開業freeeの様なオンラインでフォームに入力するだけで個人事業主の開業申請を出来るようになったとしたら、もっと副業や起業する人が増えると思いませんか?

開業freeeを使ってオンラインで個人事業主の開業届が行えるようになるという事は、フリーランスや副業する上でのハードルを下げる効果が有ります。

副業でも本業になれる事業を始める事ができる

本来、副業は雑収入扱いになるので、確定申告を行わなくても良いとされています。

しかし、これは年間売上から経費を差し引いた金額が20万円以下の場合となります。

ここで考えて欲しいのは、20万円以上稼いでしまった場合、確定申告を行わなければならないという点です。

個人で確定申告を行う場合は、特別控除10万円の白色申告となります。

しかし、開業届を提出して個人事業主となっている場合は、白色申告よりも税制面でのメリットが高い青色申告で確定申告を行う事ができます。

なので、税制面でのメリットをより受けるためにも、副業であってもいつかは本業にしたいと考えているのであれば、開業届を提出して個人事業主になる方が良いと言えます。

もし、白色申告と青色申告について、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

青色申告で確定申告するメリットと白色申告との違い
青色申告で確定申告することのメリットを紹介しています。白色申告との違いや青色申告に切り替える方法など青色申告に関する全般を紹介しています。実際に青色申告で確定申告を行っている私の体験を踏まえた内容となっています。

個人事業主の開業手続は開業freeeがおすすめ

フリーランスや副業で事業を始めようとした時に、きちんと開業届を出して個人事業主になっておいた方がメリットが高い事は、理解できたと思います。

それでは、個人事業主の開業届をオンラインで簡単に行う事が出来る開業freeeを使えばどういったメリットが有るのか?紹介していきます。

個人事業主の開業届は開業freee

フォームに従うだけで簡単に書類作成ができる

本来、開業届に関する書類を用意・記入・提出など手間の掛かる作業を行わなければなりません。

しかし、開業freeeならフォームに従って入力していくだけで、開業書類作成~提出まで全て行ってくれます。

開業freee

初めてだらけの書類作成の力強いツールです。

税務署の提出まで行ってくれるのは開業freeeだけ

いざ、書類作成を行っても管轄する税務署に書類提出に行かなければなりませんが、開業freeeなら提出までオンラインで行ってくれます。

この機能は他のサービスより特化していると言えます。

開業後の会計処理もfreeeを使えば簡単

開業freeeで個人事業主としてデビュー後は、日々の経費精算などの会計業務が待っています。

開業freeeは、クラウド会計ソフトfreeeと簡単に連携する事が出来るので、日々の会計業務も簡単に行う事が出来ます。

日々の経費精算など任せる事が出来るものは、ドンドンfreeeに任せて早く本業で稼げるように頑張りましょう!

会計freeeについて知りたい方は、こちらをどうぞ。

確定申告会計ソフトfreee評判と実体験報告
私が確定申告で実際に使っているクラウド会計ソフトfreeeの使い方や評判、実体験報告を紹介しています。個人事業主の方などで自分で確定申告を行いたいと思っている方は、参考になると思います。

書類作成に手間取ったからおすすめしたい

そもそも、私は開業届を提出する時に開業freeeの様なオンラインで申請できるツールが有りませんでした。

なので、事前に書類を作成して管轄税務署に書類を提出しました。

しかし、今は開業freeeの様なツールが出来て本当に良いな…と思います。

良いサービスだからこそ、どんどん活用すべきだと思い、今回紹介しようと思いましたので検討している方は是非参考にしてください。

開業freeeは無料で使える

これだけのサービスが、無料で使う事が出来ます。

フリーランスや副業のために個人事業主としてやっていこうと考えている方に、是非ともおすすめしたいサービスです。

個人事業主の開業届は開業freee

スポンサードサーチ

税制面でのメリットを受けるなら迷わず開業しよう

ここまで読んで、個人事業主としてフリーランスや副業を行う事のメリットや、開業freeeのメリットについては理解できたと思います。

それでは、大事な事を復習しておきましょう。

開業freeeを使えばフリーランス・副業へのハードルが一気に下がる

個人事業主の開業届の書類作成や手間は、誰しもが経験する事ですが、出来るだけ正確にスムーズに行うなら、開業freeeがおすすめです。

誰でも簡単に書類作成から提出までを行うことが出来れば、きっとフリーランス・副業への道も近づくはずだと思いませんか。

個人事業主なら税制面のメリットを受ける事ができるようになる

はじめてフリーランスや副業を行う場合、初めてでそんなに売り上げが上がらないと思って、個人でやってしまいがちですが、どうせフリーランスや副業を行うのであれば、出来るだけ稼ぐ事の出来る環境を作っておく事は、事業を始めた後の自分のモチベーションにも繋がる事になるので、個人事業主の届けは忘れずに提出しておきましょう。

フリーランス&副業を始めたいなら開業freee

ここまでお読みいただきありがとうございます。

開業freeeがどれだけ簡単なサービスか?理解できたと思います。

もし、これを機に個人事業主の開業届を出して、フリーランスや副業を行いたいと思ったのであれば、是非活用してみてはいかがでしょうか。

きっと、役に立つと思います。

個人事業主の開業届は開業freee

タイトルとURLをコピーしました