SharePointやOneDrive上のエクセルやワードがブラウザで開いてしまう解決方法

SharePointやOneDrive上のエクセルやワードがブラウザで開いてしまって困っていませんか?

こんにちは、テレワークの推進に伴って大きく需要が伸びたMicrosoftのクラウドストレージのOneDriveやMicrosoft365の共有ストレージのSharePointは、上手に活用すればとっても便利なサービスです。Microsoft製のOfficeファイルをSharePointやOneDriveに保存すればクラウド上でファイルを開いて編集することも可能です。

しかし、直接ファイルを編集する場合にこれまで皆さんが使っていたインストール版のOfficeオフィスアプリでは無く、ブラウザ上でファイルが開かれて編集することになります。この場合は、関数やフィルタなどでこれまでとは違った使用感になることになり、戸惑ってしまう事があると思います。という事で今回は、SharePointやOneDrive上のエクセルやワードがブラウザで開いていしまった場合に以下の様なお悩みをお持ちの方向けの内容となっています。

SharePointやOneDriveへクラウド移行したけどオフィスファイルがブラウザでしか開けなくなった

最近、Microsoft365やSharePointやOneDriveを導入し、あわせてクラウドストレージを活用しはじめたけど、クラウドに保存したエクセルやワードがブラウザでしか開けなくて困っていて解決方法を探している

毎回エクセルやワードを「デスクトップアプリで開く」を押すのが手間なのでデフォルトでOfficeアプリで開きたい

SharePoint上のエクセルやワードを開く際にデフォルトでブラウザ編集になるのは理解しているけど、設定変更してデフォルトでインストールしたOfficeアプリで開く方法を探している

無料のエクセルオンラインを使用しているけどアプリでエクセルを開きたい

Microsoftのアカウントを作成してエクセルオンラインとOneDriveを活用しているけど、OneDriveに保存したエクセルをエクセルオンラインじゃなくてOfficeアプリのエクセルで開きたい

こういったお悩みの参考になるかと思いますので、興味が有る方はご覧ください。

スポンサードサーチ

SharePointやOneDrive上のエクセルやワードは設定を見直せばアプリで開ける

SharePointやOneDrive上のエクセルやワードの特徴を理解して設定を見直せば、インストールされたOfficeアプリで開くことはできますのでご紹介します。

なぜ?SharePointやOneDrive上のエクセルやワードなどがブラウザで開いてしまう理由

そもそもなぜSharePointやOneDriveに保存したエクセルやワードなどのオフィスファイルを押した際にブラウザで開かれて編集状態になるのかというと、SharePointやOneDriveなどのクラウドストレージは、デバイスに左右されること無くファイルを閲覧編集する事を想定して開発されたアプリケーションの為、ブラウザで完結するという根本的な考えがあります。その為、エクセルやワードなどのオフィスファイルに関してもデフォルトの設定では、ブラウザで開かれるようになっています。

しかし、あくまでもユーザーに合わせてカスタマイズする事は可能です。なので、デフォルト設定をこれまで通りのインストールされたOfficeアプリで開くように変更する方法をご紹介していきます。

SharePointやOneDriveって?

SharePointやOneDriveはMicrosoftが提供しているファイル共有サービスです。

サービス内容についてこちらをどうぞ。

OneDriveとSharePointの使い方と違い

OneDriveとSharePointの使い方と違いを解説!?
Microsoftの提供するクラウドストレージのOneDriveとSharePointの違いについて解説しています。テレワークの時代に必須のクラウドストレージで今後増々需要が高まっていくので活用する前にどちらを活用すべきかを理解しておきましょう。用途にあわせて活用すれば導入費0円の無料でクラウドストレージを活用できるかもしれないです。

SharePoint

SharePoint のプランと価格を比較 | Microsoft 365
SharePoint Online の 2 つのプランと Office 365 Enterprise E3 から、最適なオプションを選ぶことができます。

OneDrive

Microsoft OneDrive | 無料のクラウド ストレージ | ファイル共有
OneDrive に無料でサインアップして、安全なクラウド ストレージを使用すれば、写真をオンラインで保存し、デバイス間での編集やファイル共有ができます。オフライン アクセスにも対応しています。

注意!Microsoft365のプランによってはブラウザでしか開けない事も…

これから、SharePointやOneDriveに保存したエクセルやワードやパワーポイントなどのオフィスファイルのデフォルト編集をブラウザでは無く、インストールされたOfficeアプリで開く設定方法を解説するのですが、現在使用しているMicrosoft365の契約プランやエクセルやワードのオフィスアプリのバージョンや契約プランによっては、デスクトップアプリで開くことができませんので、以下に該当する方はまずはプランの見直しをおすすめします。

  • 法人向けのMicrosoft 365 Business Basicを契約中の人:Microsoft365の最安プランですが、Officeアプリのインストール機能が含まれていない
  • 無料のエクセルオンラインを使用している人:Officeアプリのインストール機能が含まれていない
  • エクセルじゃなくて、無料のOpenOfficeやその他の互換ソフトを使用している人:Officeアプリとは異なるアプリケーション

これらに該当する人は、そもそも使用しているパソコンやタブレットなどのデバイスにOfficeアプリがインストールされていないと思いますので、これからご紹介する方法を使用することができませんので、まずはMicrosoft365のプラン見直しや永続ライセンスの購入などを行うことが必要です。購入先のご紹介を以下に掲載しておきますので、興味が有る方は参考にしてください。

Microsoft 365 Personalの1年版

これが有れば、ブラウザでもOfficeアプリでも開くことが可能です。1年毎の売り切りなので用途に合わせて自由に使いこなせます。

Microsoft365サブスクリプション型

毎月定額のプランです。購入時年契約にすれば、もっとお得にOfficeを使うことができます。

すべての Microsoft 365 プランを比較 | Office 365 は Microsoft 365 になりました
個人、家族、学生向けの Microsoft 365 (旧 Office 365) プランを比較します。 パワフルな生産性向上アプリやクラウド ストレージなどを活用して、毎日の生活をよりクリエイティブに、便利に、安全に。

Microsoft365について知りたい方はこちらをどうぞ

Microsoft365(office365)の価格とクラウド&テレワーク化
Microsoft365(旧office365)でテレワーク化のメリットとデメリットを解説します。マイクロソフトのクラウド化サービスでテレワーク化を目指す際の機能の解説から導入にあたってのメリットやデメリットを実体験を基に解説しています。Microsoft365(旧office365)の価格設定や各プランの違いなどもわかるのでテレワーク化やクラウドサービス導入を検討している方は参考になると思います。

SharePointやOneDrive上のエクセルやワードをアプリで開く方法

実際にSharePointやOneDrive上のエクセルやワードなどのオフィスファイルをデフォルトでブラウザで開く設定をOfficeアプリで開く方法を解説します。順番に見てもらえれば誰でも設定変更できると思いますのでご覧ください。今回は、エクセルを例に解説します。

デフォルトで開く方法をOfficeアプリに変更する方法

  1. SharePointもしくはOneDrive上のOfficeファイルを開きます
  2. 上部メニューの「デスクトップアプリで開く」を押します
    エクセル画面

    ※この時に「デスクトップアプリで開く」が表示されていない人はプランの見直しが必要になると思いますので、先程紹介したプランの見直しをご覧ください。
  3. エクセルがインストールされているOfficeアプリで開きます
  4. 上部メニュー最左の「ファイル」を押す
    エクセル>ファイル画面
  5. 左メニュー下部の「オプション」を押す
    エクセル>ファイル>オプション画面
  6. 左メニューの「詳細設定」を押して、右項目中段の「リンクの処理」の「Officeファイルへのサポート対象ハイパーリンクをOfficeデスクトップアプリで開く」のチェックボックスにチェックをする
    エクセルのオプション設定
  7. 「OK」を押す
  8. SharePoinもしくはOneDrive上に保存されたエクセルやワードを開いてデスクトップアプリで開くか確認する
  9. 完了

以上となります。案外簡単だったのでは無いでしょうか!?

逆にデスクトップアプリじゃなくて、WEB版で通常時編集したい場合は、4のチェックボックスを外せばOKです。

スポンサードサーチ

この機会に最新のOfficeに見直してみませんか?

今回は以上になります。いかがでしたか?

思うようにデフォルトでOfficeアプリで開くことはできましたか?もし、開くことができていなかった場合は、先程お話ししたようにMicrosoft365のプランの見直しや新規購入などを検討する必要があると思います。

テレワークによる端末を限定しない働き方はこれからもっともっと加速していくことは間違いないので、この機会に新しいOfficeの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

Microsoft 365 Personalの1年版

これが有れば、ブラウザでもOfficeアプリでも開くことが可能です。1年毎の売り切りなので用途に合わせて自由に使いこなせます。

Microsoft365サブスクリプション型

毎月定額のプランです。購入時年契約にすれば、もっとお得にOfficeを使うことができます。

すべての Microsoft 365 プランを比較 | Office 365 は Microsoft 365 になりました
個人、家族、学生向けの Microsoft 365 (旧 Office 365) プランを比較します。 パワフルな生産性向上アプリやクラウド ストレージなどを活用して、毎日の生活をよりクリエイティブに、便利に、安全に。

 

最近注目を浴びているテレワークについて興味がある方はこちらもどうぞ

中小企業でもテレワーク導入は可能なのか?
中小企業がテレワーク導入の際に必要な環境や道具等を紹介しています。また、テレワークとは?からテレワークのメリットデメリットも紹介していますので、テレワーク導入検討の中小企業の担当者様の参考になります。

エクセルの読み取り専用が解除できなくなった方はこちらがおすすめです

エクセルファイルをPDFで保存する方法
エクセルで作成したシートの内容をPDFで保存する方法を解説しています。会議などのためにエクセルで作成した資料などをPDFで保存すればそのまま会議資料に早変わりします。ペーパーレス化にもなるので、エクセルで作成したファイルをPDFで保存する方法は覚えておいて損はないです。興味がある方はご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました