キーワード出現率をコントロールしながら記事を作成すればSEO効果ある?

スポンサーリンク

SEOの為にキーワード出現率気にしていますか?

毎日色々な記事を作成して公開しているブロガーと言われる人たちは、ただ記事を公開しているだけではなくSEO対策など多岐に渡って上位表示されるように努力していると思います。プロブロガーさんはSEO対策として上位表示させたいキーワードの出現率も考えていると言われていますが、新米ブロガーさんたちはキーワード出現率は意識しているのでしょうか?

  • 何がしたい?キーワード出現率を気にする事に意味はあるの?
  • 何がしたい?どうやってキーワード出現率を調整するの?
  • 何ができない?SEO対策って意味あるの?

このようなキーワード出現率に関するお悩みの参考になるかもしれませんので、興味が有る方はご覧ください。

スポンサードサーチ

キーワード出現率を気にしながら記事を書けばSEO効果ある?

記事を作成する際に内容の主旨のキーワードの出現率をコントロールする事は、どういった効果があるのか?考えてみたいなと思います。

キーワード埋め込みだけでは意味の無いSEO対策

新米でもプロブロガーさんでも2020年現在SEO対策を行う上で、キーワードを無やむに埋め込んで、極端なキーワード出現率になってしまう事は、逆に悪質なサイトとしてGoogleから低評価を受けてしまうという事は、周知のことだと思います。なので、記事作成する中でキーワード出現率をある程度コントロールしながら良質なコンテンツを作成する事が、遠回りの様ですが上位表示の近道なのかなと思っています。

競合サイトのキーワード出現率をチェックしておくことも大事

記事を作成する際に上位表示させたいキーワードで自分で検索してみる事は、どのWEBライターさんも行っている事だと思います。その際に上位表示されているライバルサイトのキーワード出現率をチェックしておけば、参考になると思います。また、どういった内容が上位表示されているのか?にも役立つと思います。

過剰なキーワード埋め込みはNG!コンテンツ作成の過程でのキーワード調整

お話ししたように、作成した記事に後から適当にキーワードを挿入したり、画像のaltタグに挿入しすぎるとGoogleから低評価のラベルを付けられるのは時間の問題です。何度も言いますが、あくまでコンテンツ作成とキーワード追加はセットです。もし、キーワードをもう少し入れておこうと思ったのであれば、そのキーワードを使った内容の記事を追加する事で、キーワード出現率を上げるという事ですね。

無料でキーワード出現率を確認できるツール

キーワード出現率について、ある程度理解できたのであれば実際にキーワード出現率を簡単に確認できるWEBサイトを紹介しておこうと思います。どちらも使い方はとっても簡単なので、是非活用してみてください。

ファンキーレイティング

Funa Maler様の無料キーワード出現率チェックツールです。WEBサイトのURLを入力するだけでキーワード出現率のチェックができるのと、テキストをそのまま貼り付けてもキーワード出現率をチェックする事ができるツールです。AltやTitleを含めたり、含めなかったりの設定も可能キーワード出現率チェックツールとなっています。

ファンキーレイティング[FunkeyRating] | 出現率チェックができる無料SEO対策ツール - FunMaker[ファンメイカー]
ファンキーレイティング[FunkeyRating]とは、指定したWebページや入力した文章におけるキーワードの出現率チェックや、指定したキーワードの出現率調整ができるSEO対策のための無料ツールです。

ohotuku.jp

SEOコンサルティングのSEO PACK様が提供している無料のキーワード出現率ツールです。基本性能は、ファンキーレイティングと同じとなっています。

キーワード出現率チェック|SEOチェックのためのSEOツール集 ohotuku.jp
ウェブサイトのキーワードの個数と割合を調...

スポンサードサーチ

SEO対策のためのキーワード出現率調整はほどほどに

ここまで読んでいただきありがとうございます。キーワード出現率の大切さについて少しは理解できたでしょか?とはいえ、前述でもお話ししたようにキーワードのみの過剰な挿入はSEOには逆効果ですので、キーワード挿入の際は、そのワードを使ったコンテンツを挿入する事を忘れないようにしましょう。

SEOに関する参考書

SEO対策には、これが正解だといった聖杯みたいなものは存在しません。だからこそ地道にお互い頑張っていくしかないですよね。参考になりそうな書籍が有ればどんどん読んで、共に成長していきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました