独自ドメインって何がいいの?メリットとデメリット

独自ドメインを取得しようか?迷っていませんか?

WordPressをはじめとするCMSを使ってサイト運営を検討している人は、多いと思います。

そして、URLをどうやって取得するか悩んでいるかと思います。

「とりあえずレンタルサーバーの無料で使えるURLを使っておこうかな」
「自分でドメインを取得してみようかな…」
「ドメインの取得ってどうやってやればいいのかな?」

と色々と悩んで調べているかと思います。

今回は、その様な独自ドメイン取得の際の、お悩みの参考になる内容となっています。

今すぐ、ドメインを取得したいと考えている人は、取得ドメイン豊富な「お名前.com」で調べてみてください。
公式サイトでエックスサーバー無料お試しを申し込む方はこちら

スポンサードサーチ

独自ドメインを取得すればどうなれる?

独自ドメインについておさらい

独自ドメインの良さをお伝えする前に、初めての方向けにドメインについて少し触れておこうと思います。

おおまかにどういったものか?というのがわかる内容だけをピックアップして紹介します。

そもそも独自ドメインってなに?

ドメインとは、URLで言う所の「https://」の後ろの部分で当サイトで言う所の「realine.me」です。

メールアドレスで言うと、「〇〇@△△.co.jp」の@以降の「△△.co.jp」を指します。

このドメインの部分は、企業や個人などのドメイン保有者によって決められていて、使われていないドメインで有れば有料で取得する事が出来ます。

そして、自分用のドメインを取得する事を「独自ドメインを取得する」と言います。

独自ドメインとサブドメインは違う

ドメインには、メインドメインとサブドメインというものが有ります。

例えば、Googleを例にすると…

メインドメインは、「https://google.com/」の「google.com」部分で、「https://play.google.com/」の「play.google.com」部分はサブドメインとなります。

このメインドメインの前に「play.」のようになっているものの殆どがサブドメインとなり、オリジナルのドメインではなく「google.com」の子供みたいなドメインになります。

AmebaブログやTwitterのURLもサブドメインで運用されています。

そして、サブドメインはメインドメインの影響を受けやすいので、メインドメインのドメインパワーが低いとサブドメインも同じ評価を受けやすくなります。

そして、今回のお話しは「サブドメインでは無く、オリジナルの独自ドメインを取得すれば、良い事沢山有りますよ!」という内容となっています。

好きなURLやメールアドレスを作成できる

独自ドメインがどういったものかは、前述で理解できたかなと思います。

自分が覚えやすかったり、見てくれる人が覚えやすいなど、自分好みのドメインを取得する事が出来ます。

ネットやメールアドレスは、毎日利用するものです。

だからこそ、自分好みの独自ドメインを取得する事は、意味が有るのではないでしょうか。

URLでユーザーへPRする事が出来る

URLは、サイトのもう一つの顔と言えると思います。

長いURLの場合は、URL事態を覚える事は有りませんが、わかりやすかったり覚えやすいURLならどうでしょう?

サイト名だけでなく、URLでサイトを覚えてくれる確率も上がります。

そういった意味でも独自ドメインを取得するメリットは有ると言えると思います。

独自ドメインのメリット&デメリット

ドメインの取得は、メリットだけでは有りません。

ここでは、メリット・デメリットをそれぞれ解説しておきます。

メリット編

まずは、メリットから解説していきます。

URLはサイトの顔

前述しましたが、URLはサイトのもう一つの顔と言えると思います。

ライバルサイトと差をつけたいのなら、わかりやすい独自ドメインを取得して差をつけましょう。

信頼性の確保

独自ドメインは、信頼出来るサイトの印象を与える事が出来ます。

迷惑メールに添付されている長いURLの様に、長いURLはユーザーに不信感を与える可能性が有ります。

そういった不信感を予め排除するのにも役立つと思います。

ドメインは成長する

「ドメインパワー」という言葉を聞いた事は有りますか?

Googleは、検索順位を決める際にコンテンツの質とは別に、そのドメインも評価されているといわれています。

取得したドメインで継続的に良質なコンテンツを公開し続ければ、ランキング上位も夢じゃないかもしれません。

デメリット編

次に、デメリットを解説していきます。

ドメインの取得・更新は有料

独自ドメインの取得はどういった人でも出来ます。

しかし、新規ドメイン取得時と更新時に料金が発生します。

ドメイン末尾の「.jp」や「.net」や「.com」などのトップレベルドメインによって価格は変わります。

しかし、100円~取得できるドメインも沢山有るので、安価に抑えたいのであれば、まずは欲しい独自ドメインがいくらで取得できるかを調べてみる事をおすすめします。

お名前.comで取得できるドメインを調べてみる

サイト作成はレンタルサーバーの契約が必要

独自ドメインを取得して、サイト構築を行う際にもう一つ必要なものが有ります。

それは、レンタルサーバーの契約です。

レンタルサーバーは、取得したドメインを使ったサイトを保管する場所です。

もし、既にレンタルサーバーを契約している人はドメインの設定を行うだけですが、まだ契約を行っていない人はレンタルサーバーを契約しましょう。

「どのレンタルサーバーを使えばいいのかわからない…」という人は、私も使っている「エックスサーバー」を検討してはどうでしょうか。

レンタルサーバーの契約から取得したドメインの設定までのサポートも充実しています。

エックスサーバーがどういったサーバーか記事をまとめていますので、興味が有ればご覧ください。

エックスサーバーが大幅増強!契約するなら今しかない 2020年5月版
国内最速レンタルサーバーのエックスサーバーが大幅増強されました。データベース数やメモリ数が大幅増強されたので解説します。エックスサーバーの評判も掲載していますので、参考にしてください。

公式サイトで検討したい方は、こちらをどうぞ。

公式サイトでエックスサーバー無料お試しを申し込む方はこちら

いかがでしたか?

この様に独自ドメインの取得には、メリット・デメリットは有りますがメリットもきちんと有りますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

独自ドメイン取得は豊富な「お名前.com」

いかがでしたか?

少しは、独自ドメインを取得したいと思ってもらえたでしょうか?

独自ドメインの取得は、その殆どがWEBで完結しますが、サイトによって取扱数が微妙に異なります。

同一ドメインで有れば、取得時の価格はほとんど同じなので、取扱ドメイン数の多いサイトがおすすめです。

参考までに、私は「お名前.com」で取得しました。

「お名前.com」は、取扱ドメイン数がトップなのでまずはここで探してみるのをおすすめします。

お名前.comで取得できるドメインを調べてみる

タイトルとURLをコピーしました