ジェットボーイの評判と体験談 WordPressのレンタルサーバー選び

WordPressサイトをジェットボーイで運営するのはどうか?

ご訪問いただき有難うございます。

WordPressサイトを運営しはじめてこれまでに様々なレンタルサーバーを契約してきました。レンタルサーバー選びは、とても大事な事でして、レンタルサーバー選びを失敗すると、サイトが重い、毎月のレンタルサーバー代(ランニングコスト)が高いなどいろいろとありました。

WordpPressサイトを運営していてレンタルサーバー選びを失敗してしまうと以下の様な問題に直面する事になります。

WordPress管理画面のトップページ表示が重い

WordPressの記事やデザイン調整をする管理画面の表示速度が遅い。

投稿一覧の表示件数が増えると表示速度が遅くなる

投稿記事数が増えていくと、その分データベースのサイズが大きくなり、サイト全体の表示速度が遅くなる可能性が有る。

カテゴリ一覧、タグ一覧、キーワード検索一覧などの表示に数秒かかる

投稿記事数が増えていくと、検索結果一覧やカテゴリ一覧などの記事一覧ページに表示される件数を増やしたくなりますが、必要以上に増やしてしまうと表示速度が遅くなって、ユーザーの離脱率が悪化してしまいます。

新規記事投稿後、「公開」ボタンを選択し公開完了までに数十秒かかる

頑張って、新規記事を作成して「公開」を押し実際に公開が完了するまでに、もっさりした感じに公開される。

こういったレンタルサーバーへのお悩みの多くは、良質のレンタルサーバーを選ぶことで解決できることが殆どです。

そこで高速レンタルサーバーのジェットボーイ(JET BOY)について私の体験談も踏まえて、ご紹介していこうと思います。

スポンサードサーチ

ジェットボーイ(JET BOY)のサービス内容を解説します

まず、私の体験談の前にジェットボーイ(JET BOY)についてご紹介させていただきます。

ジェットボーイはクラウドの拡張性を融合したハイブリット型

ジェットボーイトップ

  • レンタルサーバー名:ジェットボーイ(JET BOY)
  • 利用実績:未公開(2019年7月現在)

ジェットボーイは共有レンタルサーバーの手軽さとクラウドのリソース拡張機能を融合した次世代のクラウド型高速SSDレンタルサーバーサービス。290円/月~から手軽にSSDレンタルサーバーを契約できることから最近注目されている高速レンタルサーバーです。

無料お試し(トライアル)は有るのか?

ジェットボーイは14日間無料お試しができます。この期間中にスペックやサービス内容を検討する事ができますね。

ジェットボーイ公式サイトで無料トライアルを確認する

業界最安値!SSD高速レンタルサーバーが290円/月~使える

ジェットボーイの初期費用及び毎月の料金は以下の様になっています。

  • 初期費用:1,000円(税別)~
  • 月額料金:290円(税別)~

最安プランを例とした料金設定

ミニSSDプラン
契約期間 初期費用 毎月の料金 初回合計(別税)
1ヶ月 1,000円 380円×1ヶ月 1,380円
12ヶ月 1,000円 290円×12ヶ月 4,480円

ジェットボーイの料金プランですが、サーバースペック毎に料金プランがあるのですが、一番安価なミニSSDプランですと、12ヶ月契約で290円/月×12ヶ月=3,480円となっています。

各プランを最長契約期間を例にいろいろと比較

12ヶ月契約 初期費用 毎月の料金 容量 無料独自ドメイン MySQL数
ミニSSD 1,000円 290円 5GB 無制限
ファーストSSD 1,500円 580円 20GB 無制限
スタンダートSSD 3,500円 980円 40GB 無制限
プレミアムSSD 5,500円 1,980円 80GB 無制限
ビジネスSSD 7,200円 4,980円 120GB 無制限
ビジネスプロSSD 7,200円 7,580円 150GB 無制限

ジェットボーイの料金プランですが、このサイトでもご紹介してるエックスサーバーカラフルボックスより安価で、年契約なら290円/月、月契約なら380円/月~と、とっても安価な価格設定になっています。プラン毎の割り当てリソースも明確に記載されているのでサイト規模に合わせて最適なプランを決める事ができそうです。しかも、時期によっては「初期費用半額キャンペーン」もありとても良心的です。料金プランに関する詳細は以下の「公式サイトで料金プランを確認する」を押して確認してみてください。

ジェットボーイ公式サイトで料金プランを確認する

サーバースペック

  • メモリ:1コアCPU~、512MB~(1契約毎に割当て)
  • 転送量:無制限

サイト運営後でも規模に合わせてプラン変更が可能

クラウド型レンタルサーバーの特徴の一つでもあるのですが、サイト運営後にサイトボリュームが増えて契約プランのアップグレードを行う際に、サイトを切断させることなく契約プランのアップグレードを行うことが可能。データベース数以外にもCPU・メモリ・ディスクアクセス速度も併せて拡張可能です。

高速Webサーバー「LiteSpeed」搭載

LiteSpeed

WebサーバーにはApacheとの完全な上位互換でこれまでより高速表示を実現する次世代Webサーバーである「LiteSpeed」が採用されています。WordPressのベンチマークでは、旧来のApacheに対して約3倍、Nginxに対しては約5倍以上の表示速度と言われています。HTTP/2標準にも対応した高速サーバー。

しかも、WordPress運用ならLiteSpeed専用のキャッシュプラグイン「LScache」がデフォルトで実装されているのより高速なレスポンスが期待できます。

ジェットボーイのサービス

  • 容量:5GB~
  • データベース数MySQL:無制限
  • マルチドメイン数:無制限
  • PHP対応バージョン:PHP7/PHP5
  • 独自SSL:無料

自動インストールCMS

自動(簡単)インストール可能なCMS
WordPress
EC-CUBE ×
PukiWiki ×
XOOPS Cube Legacy ×
concrete5 ×
MODX 日本語版 ×
Movable Type ×
  • 日本語サポート:有
  • アダルト:OK

データベース数無制限

データベース数無制限

ジェットボーイの一番のメリットは、作成するデータベース数が無制限という所です。その他のレンタルサーバーには、多かれ少なかれ作成できるデーターベース数に制限があります。しかし、ジェットボーイでは、作成できるデーターベース数が無制限なので、複数サイト運営しているWEBサイト運営者には、大変大きなメリットとなります。

マルチドメイン対応で無制限

マルチドメイン対応で無制限なので、独自ドメインを無制限に追加できます。もちろんサブドメインの追加も無制限。日本語ドメインにも対応しています。

SSL証明書が無料で利用できる

Googleから常時SSL化(https)推奨のアナウンスが出たことによって、今やWebサイトのSSL化は必須になっています。しかし、SSL証明書の取得には無料~有料まで複数有り選択するのも一苦労です。ジェットボーイでは、SSL証明書を無料で利用できる上に設定もコントロールパネルからとても簡単にSSL化設定が可能です。

その他の主な機能

ジェットボーイコンパネ

ファイルマネージャー/FTPアクセス/自動バックアップ/Cron設定/phpMyAdmin/サイト転送設定/アクセス解析/アクセス拒否設定/ウイルススキャン/アダルトサイトOK/WordPress簡単自動インストール/PHPバージョン変更

私がジェットボーイを使うまでの体験談

これまで私が契約してきたレンタルサーバーの体験談

私は、これまで本当にいろいろなレンタルサーバーを契約してきました。いろいろ契約してきたという事は、レンタルサーバー選びを誤ってしまったことが沢山あったという事です。

私は、複数のWordPressサイトを運営していて、契約しているレンタルサーバーも現在は2社となっています。その契約しているレンタルサーバーとは

です。メインのサイトはエックスサーバーで運営していて、サブサイトをジェットボーイで運営しているのですが、ジェットボーイは価格が290円~ととても安価なのに、パフォーマンスが結構よくてエックスサーバーの次に信頼できるレンタルサーバーと思っています。なので、はじめてレンタルサーバーを契約して自分でサイト運営をやってみる方には、おすすめなのかなと思います。

レンタルサーバーは試してみないとわからない

クラウドサーバーの普及などによって、現在レンタルサーバー会社はとっても沢山有ります。各社独自のサービスや高スペックを提唱しているので、実際に契約する前にお気に入りのレンタルサーバーを選定するのは、結構難しいです。

私のこれまでの経験上、お気に入りのレンタルサーバーを選定するためには、やはり実際に契約してみる事が大事だとつくづく思います。

まだお気に入りのレンタルサーバーが見つかっていない方は、短期間でもいいので実際に契約したり、無料お試しで実際に活用してみてお気に入りのレンタルサーバーを探すのをおすすめしたいと思います。

ジェットボーイ公式サイトで無料トライアルを確認する

最後までお読みいただき有難うございます。

WordPressでサイト運営してきて2019年現在で6年程になります。これからもレンタルサーバーに関する新しい情報が有った際は、記事公開していきますので宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました