PR

【ユーロドル(EUR/USD)】スプレッド比較!FXのユーロドルのメリットデメリットを解説

ユーロドル(EUR/USD)のスプレッド見直していますか?

FX(外国為替証拠金取引)のメジャー通貨と言えばドル円(USD/JPY)・ユーロドル(EUR/USD)・ポンドドル(GBP/USD)などですよね。

なかでもユーロドル(EUR/USD)は、最も取引されている通貨ペアです。

FXでは、トレードする際にスプレッドが設定されています。

今回は、ユーロドル(EUR/USD)のスプレッドの見直し比較に関する内容となります。

スポンサードサーチ

ユーロドル(EUR/USD)のスプレッドを比較しよう

ユーロドル(EUR/USD)は外国間の実需取引において世界一利用されている通貨ペアです。

実需で世界一利用されているという事は、FXにおいても最も利用されている通貨ペアです。

FXで最も利用されている通貨ペアという事は、その分スプレッドも他の通貨よりも割安です。

しかし、全てのFX業者においてスプレッドが同じかというとそういう訳では無いです。

そこで今回は、ユーロドル(EUR/USD)のスプレッドを比較していこうと思います。

この機会に是非、見直してみてはいかがでしょうか。

ユーロドル(EUR/USD)のスプレッド比較

FX(外国為替証拠金取引)を行うにはFX業者で口座開設する必要が有ります。

FX業者には国内と海外の2つが有ります。

一見、国内FXの方が良いと思いがちですがそれぞれメリット・デメリットが有ります。

海外FXのメリットについてはこちらをご覧ください。

海外FXは怖い?海外FXのメリットと不安を解消します
海外FXの不安点を解決しています。何となく海外FXの利用に躊躇している方は本記事を読めば不安解消出来ます。

私は、国内FXと違って追証が無く、資金管理をしっかりしておけば安心して

ハイレバレッジトレードの出来る海外FXでドル円(USD/JPY)のトレードをしています。

その海外FX業者で、ユーロドルのスプレッド表を作成したので比較してみましょう。

FX業者 口座名 ユーロドルのスプレッド
XM STANDARD 1.7pips~
TITAN FX STANDARD 1.1pips~
LAND-FX STANDARD 0.8pips~
GEMFOREX オールインワン 1.2pips~
AXIORY STANDARD 1.3pips~
HFM マイクロ 2.0pips~
Vantage STANDARD 1.5pips~
FXGT STANDARD 1.6pips~

ユーロドル(EUR/USD)のスプレッドはFX業者によって意外と差が有るのがわかると思います。

トレードスタイルが長期のスイングトレードなら問題ないかもしれませんが、

スキャルピングをはじめとする短期トレードにおいてスプレッドは勝敗に直結する時も有ります。

なので、短期トレーダーを目指すのであれば狭くて信頼性のあるFX業者を選びましょう。

参考までに私は、ユーロドル(EUR/USD)のトレードでは、TITAN FXLAND-FXを利用しています。

スポンサードサーチ

ユーロドル(EUR/USD)について解説

前述しましたが、ユーロドル(EUR/USD)は世界一の取引量の通貨ペアです。

ユーロと米ドルの組み合わせペアになります。

ユーロは、ヨーロッパのEU加盟国で主に利用されている通貨です。

米ドルは、誰もが知っているアメリカの通貨となります。

アメリカとEU加盟国で利用されている通貨なので取引量の世界一という訳ですね。

ユーロドル(EUR/USD)は、実需での流通量も世界一の為、ドル円(USD/JPY)に続いて比較的価格も安定しています。

但し、EU加盟国やアメリカ経済に影響を与える発言の際に一気にボラティリティが高くなるので注意は必要です。

FXで成功するための鍵:ボラティリティの全てを解説
FX取引で不可欠なボラティリティについて徹底解説。基本概念から計算方法、トレーディング戦略まで、あなたの取引スキルを次のレベルへ導きます。

なので、トレードする時はしっかりとしたトレードルールの基に行いましょう。

FXの期待値の使い方とトレードルールとの関係を解説
FXで重要な期待値について解説しています。期待値の意味と期待値を使ったトレードルールの作り方や参考になる方法を紹介しています。

トレードスタイルやトレードルールを構築すればいいのかわからない場合は

著名な本で学びましょう。

実際に私も持っている本を紹介しましょうで興味が有れば参考にしてください。

まとめ:スプレッドの狭いおすすめFX業者

FXのユーロドル(EUR/USD)について解説してきました。

ユーロドル(EUR/USD)はドル円(USD/JPY)と同じ様に値崩れしにくいメジャー通過です。

とはいえ、EU加盟国やアメリカ経済に影響を与える発言の際に一気にボラティリティが高くなるので注意は必要です。

また、スプレッドがFX業者によって差が有ります。

なので、信頼できるFX業者でスプレッドの狭いFX業者を利用する事がおすすめです。

もちろん、海外FX業者より国内FX業者の方がスプレッドは狭いのですが、

国内FX業者には色々なデメリットが有るため、私は海外FX業者を利用しています。

海外FXと国内FXの違いについてはこちらをご覧ください。

海外FXは怖い?海外FXのメリットと不安を解消します
海外FXの不安点を解決しています。何となく海外FXの利用に躊躇している方は本記事を読めば不安解消出来ます。

最後に、私が利用しているFX業者を紹介しますのでこの機会に登録してはいかがでしょうか。

国内業者と同等の低スプレッドが魅力なTitanFX

TITANFX
  • 今だけ口座開設&取引で最大17,000円貰える
  • レバレッジ最大500倍
  • 国内FX同等の最狭スプレッド
  • 入出金スピードが速い
  • ビットコイントレードもできる

安定したサーバー稼働のLAND-FX

LAND-FX
  • 最短1分で口座開設
  • ゼロカットシステムで追証無し
  • レバレッジは無制限
  • 定期的に100%入金ボーナス実施中
  • 安定したサーバーでトレードができる
  • 日本語サポートで対応が迅速
  • スプレッドが比較的狭くてGOOD
  • ポンド系のスプレッドが最狭
  • 最新のMT5に対応
  • ビットコイントレードもできる
タイトルとURLをコピーしました