MT4・MT5でTP・SLを価格orポイントで設定する方法

MT4・MT5でTPとSLの設定上手くできていますか?

FXでトレーディングツールとして、MT4・MT5を使っている人は、国内・海外FXと多くいると思います。

そして、いざエントリーの際に指値であるTP(テイクプロフィット)や、逆指値であるSL(ストップレベル)をしている人はとっても多いと思います。

そのTP(テイクプロフィット)やSL(ストップレベル)の際に上手く値幅で出来ない・思うような方法が出来ないという経験は有りませんか?

具体的には…

価格で設定したいのに出来ない

TP(テイクプロフィット)やSL(ストップレベル)をドルや円などエントリー通貨の価格でしたいのに、設定できない。

Pipsで設定したいのに出来ない

TP(テイクプロフィット)やSL(ストップレベル)をエントリー価格からのPipsでしたいのに出来ない。

この様に指値であるTP(テイクプロフィット)や、逆指値であるSL(ストップレベル)を、価格もしくはPipsで自分好みにする方法の紹介となります。

スポンサードサーチ

TPとSL方法を自分好みに設定出来ればトレードが捗る

まず、確認にはなりますがMT4・MT5がどの様なトレーディングツールかご存知でしょうか?

もし、詳しく知らない場合はまずはこちらをご覧ください。

MT5のメリットとMT4の比較 おすすめのFX証券会社はココ
次世代のFXトレーディングツールのMT5とMT4の違いを解説しています。更にMT5が使える国内・海外FX証券会社も紹介していますので快適なトレードをしたいと考えている人は参考になると思います。

トレードでは、予めこの価格や値幅で自動で利確や損切りをする「TP(テイクプロフィット)」「SL(ストップレベル)」の機能が付いています。

このTP・SLで利確や損切りを行う際に、誤った価格やpipsで行ってしまうと、大きな損失に繋がってしまう可能性が有ります。

という事は、このTP・SLの設定を誤らない事は全てのトレーダーにおいて色々なメリットが有ります。

リスクリワードを間違わない…結果、資金管理が上手くいく

FX・株トレードにおいて、リスクリワードや資金管理は最も大事なものです。

TP・SLをトレードスタイルにあわせて価格もしくはpipsで設定を行う事は、誤ったTP・SLの設定を防ぐ事に繋がります。

特に、含み損を抱えている時は焦っていつもと違うトレードをしがちです。

そういった時に、誤ったTPやSLを行う確率がグンと減りますので、期待していたリスクリワードでトレードする事が出来ます。

それによって、正確な資金管理を行う事が出来るようになるという事なんです。

いつもよりトレードが捗る

トレードでチャート分析をして、いざエントリーしようと購入画面を開いて価格やTPやSLを設定する時は緊張しますよね。

そういった時に、もし誤った価格やTP・SLなどでエントリーしてしまったら…エントリー中は不安で仕方が無いですよね。

もし、そのような不安から解消されるとしたら良いと思いませんか?

それが、これから解説するTPとSLを価格もしくはpipsの自分好みにする方法となります。

小さな事だと思う方も多いかもしれませんが、結構大事な事だと私は思っているので興味が有る方はご覧ください。

TP・SL設定を「価格」or「Pips」で固定する方法

どうやってTP(指値)・SL(逆指値)を固定で「価格」or「Pips」でできるようにするのか?紹介していきます。

価格・pipsどちらでTP・SLを設定したいかを決めよう

まずはじめに、価格か?Pipsか?どちらでTPとSLをしたいかを考えてみてください。

トレードスタイルは人によって異なります。

利確ポイントを価格で考えている人もいれば、損切りポイントをPipsでしている人もいると思います。

自分のトレードスタイルを振り返ってみて、どちらでTP・SL設定する方がトレードが捗るか考えてみてください。

価格でしたいなら「In Prices」

もし、価格でTP・SLをしたい場合は「In Prices」という言葉を覚えておいてください。

Pipsでしたいなら「In Points」

もし、PipsでTP・SLをしたい場合は「In Points」という言葉を覚えておいてください。

MT4・MT5で設定する方法

MT4・MT5でのTP(指値)・SL(逆指値)を価格もしくはPipsで固定で出来る方法です。

順番に行えば誰でも出来るので試してみてください。

  1. MT4もしくはMT5を起動します
  2. ツール>オプションを押す
  3. 取引タブを押す
  4. ストップレベルの設定方法から「In Prices 」もしくは「In Points」を選択する
  5. OKを押す
  6. 完了です

4の「In Prices 」と「In Points」は、前述した箇所で解説した内容ですので、価格なら「In Prices 」、Pipsなら「In Points」を選択しましょう。

いかがでしたか?問題無く出来たと思います。

この様に、簡単な設定だけで日々のトレードで不安になる要因を軽減できるので、これまでのトレードで誤った指値や逆指値をした事が有るのなら、この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサードサーチ

使うならMT5がおすすめ

皆さんは、MT4とMT5どちらのトレーディングツールを使っていますか?

どちらを使っていると聞かれると、MT4が多いと思います。

何故なら、MT5は最新のトレーディングツールで有る反面、まだまだ取り扱っている証券会社が少ないというのが、理由です。

しかし、MT4のアップデートは終了していて、MT5は定期的にアップデートが繰り返されており、日々進化しています。

なので、現在MT4を使っている人はこの機会にMT5を検討してみてはいかがですか?

MT4とMT5の違いや使える国内・海外証券会社を紹介していますので、興味が有る方はご覧ください。

MT5のメリットとMT4の比較 おすすめのFX証券会社はココ
次世代のFXトレーディングツールのMT5とMT4の違いを解説しています。更にMT5が使える国内・海外FX証券会社も紹介していますので快適なトレードをしたいと考えている人は参考になると思います。
タイトルとURLをコピーしました