MT5のメリットとMT4の比較 おすすめのFX証券会社はココ

MT5が使える証券会社探していませんか?

FXや株などのトレードプラットフォームで最も有名なものがMetaTraderというのは、殆どのトレーダーが知っていると思います。

そして、多くのトレーダーが使っているプラットフォームとしては、MT4が最も多いと思います。

しかし、最新のプラットフォームはMT5なのですが、シェア率としてはまだMT4を超していません。

そんなMT5を使ってみようかな?と検討している人は多いと思います。

MT5を検討する際の悩みとしては…

MT4とMT5どちらがいいのかわからない
MT5が使える国内証券会社を探している
MT5が使える海外証券会社を探している

そこで、今回はこういったお悩みの参考になる、MT5に関する内容となっています。

低スプレッドでMT5が使える海外FXはTitan FX

スポンサードサーチ

トレードするならMT5がおすすめ

MT5は最新のトレードプラットフォーム

MT5は、MT4の後継となるプラットフォームです。

MT5は、MT4では使う事が出来なかった細かな時間足設定やテクニカル・オシレーターでの分析が可能となっています。

しかも、MT4はアップデートを終了していますが、MT5はまだまだアップデートを繰り返しているので、今後もっと使いやすくなると考えられます。

なので、これからMT4を利用しようと思っている人は、MT5の利用をおススメします。

ネットで検索で殆どの問題を解決する事が出来る

MT5はMT4の後継トレードツールです。

MT4は、国内・海外を問わず多くの証券会社の取引プラットフォームとして使われています。という事は、ネット検索をすれば多くの問題を解決する事が出来ます。

MT5においても、まだまだ採用している証券会社は限定されていますが、MT4と同じ方法で問題解決出来る事も多いです。

なので、MT4よりも使いやすくなったMT5の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

証券会社を変更しても安定してトレードが出来るようになる

証券会社各社では、オリジナルのトレードツールを提供している事が多く有ります。

見やすいデザインや使いやすい機能など、オリジナリティ満載です。

しかし、そこにはデメリットも有ります。

それは、仮に何らかの事情によって証券会社を変更しないとならない時に、新しい証券会社のオリジナルのトレードツールを一から学びながらトレードをしないとならないという点です。

しかし、MT5は国内・海外問わず複数の証券会社で利用されている為、MT5が使える証券会社なら変更してもすぐにこれまで通りのトレードを行う事が出来ます。

トレーダーは、長期的に勝ち続ける必要が有ります。

なので、いつも通りのトレードをどの証券会社でも行えるようにする為に、MT5が使える証券会社を選択する事には大きなメリットが有ると言えると思います。

低スプレッドでMT5が使える海外FXはTitan FX

MT4とMT5の違いと主な機能

MT5はMT4から進化した点がいくつも有ります。その違いを比較・紹介していきます。

MT4とMT5を一覧で比較

まずは、おおまかにMT4とMT5の比較をしてみましょう。

MT4MT5
アプリの速さ普通速い
使える時間足9種類21種類
対応しているEAの数普通少ない
デフォルトのインディゲーターの数普通多い
カスタムインディゲーターの数普通少ない
アップデート頻度
使える証券会社多い少ない

実際にMT5を使ってFXトレードをやった場合にポイントとなりそうな点をMT4と比較してみました。

MT4は、リリースから随分時間が経過しているので成熟しているイメージです。

逆にMT5は、まだまだリリースされてそこまで時間が経過していないので、これから更に開発されていく期待のトレードツールです。

上記の中で特に注目して欲しい所を個別に紹介していこうと思います。

動作・チャート描画が速い

FXでチャートの描画が遅いのは致命的です。

逆に言うと、速いに越した事は有りません。

チャートは、出来高が多い時ほど描画が遅くなります。特に重要な経済指標な時は、チャートの描画が特に遅くなります。

そういった時に、チャートの描画が追い付いていないとトレードが出来ません。

MT5を使えば、MT4の時には出来なかったトレードもきっと出来る様になると思います。

チャート描画が速いと重要な経済指標やスキャルピング時のチャートの動きを読み取りやすい

使える時間足が多い

MT5は、MT4と比べ使える時間足が多いです。

2分足や4分足、2時間足や6時間足などMT4よりも多くの時間足を描画する事が出来ます。

皆さんは、マルチタイムフレーム分析という言葉を聞いた事が有ると思います。

FXトレードをする時に、1時間足でエントリをする際には4時間足や日足などの上位足や、30分足や5分足などの下位足も確認してエントリします。

これをマルチタイムフレーム分析と言います。

より多くの時間足を使ってマルチタイムフレーム分析を行えば、トレード成績がグッと向上する可能性が有るという訳です。

また、2分足スキャルピングや2時間足・6時間足トレードなど、オリジナルのトレードスタイルを構築できるチャンスも有るかもしれません。

使える時間足が多いとマルチタイムフレーム分析やエントリ時のタイミングを取りやすくなる

取り扱える証券会社が少ないのが弱点

ここまでで、MT5のメリットについて概ね理解できたかなと思います。

そんなMT5にも弱点は有ります。それは、取り扱っている証券会社がまだまだ少ないという点です。

これは、日々アップデートされ続けているMT5だから止むを得ません。

とはいえ、これから間違い無く普及していくトレーディングツールですので、MT5を使ってみようと思っている方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。
MT5が使える国内FXならOANDA Japan

スポンサードサーチ

MT5が使える国内・海外FX証券会社

いかがでしたか?

MT4とMT5の違いやMT5をオススメする理由がわかりましたか?

MT5は、これからが期待できる次世代のトレーディングツールと言ってもいいかもしれません。

しかし、MT5の使えるFX証券会社はまだまだ少ないです。

最後の、MT5の使えるおススメの証券会社を海外FX・国内FXとで紹介しますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ国内FX証券会社

MT5が使える国内FX証券会社でおススメはOANDA Japanです。

国内証券会社の一番のメリットは低スプレッドですが、OANDA Japanは更に以下のマーケット情報も公開しています。

  • IMM通貨先物ポジションの推移
  • 通貨別強弱グラフ
  • オープンポジション
  • オーダーブック

これらの情報は会員以外の人も閲覧できますが、会員になると更に詳細な時間軸や更新頻度で確認する事が出来る様になるので、イチオシの証券会社と言えます。

詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

MT5が使える国内FXならOANDA Japan

おすすめ海外FX証券会社

MT5が使える海外FX証券会社でおススメは私も使っているTitan FXです。

海外証券会社のメリットは追証が無いという事ですね。スイスフランショックやコロナショックなどで価格が飛んでしまった時に、国内FX証券会社を利用していてポジションを持っていた人の一部で、追証が発生したと言われています。

Titan FXは、その心配は有りません。

Titan FXは、海外FX証券会社の中でも低スプレッドでサーバーも安定しているので長くお世話になっています。

もし、MT5+海外FXの組み合わせを検討している方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

低スプレッドでMT5が使える海外FXはTitan FX

タイトルとURLをコピーしました