クラウド会計ソフト:freee利用時の注意点

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は、フリーランスの仕事の売上管理や経費精算から確定申告までを任せている、クラウド会計freeeを使っている時に直面した以下のトラブルの解決方法をご紹介いたします。既にクラウド会計ソフトfreeeを活用中の方はもちろんですが、まだクラウド会計ソフトを活用したことが無い方は、実際に活用した際にこういった問題も起こるんだなぁという温かい目でお読みいただければと思います。

スポンサードサーチ

freeeで口座振替登録時に重複登録されて残高が合致しない場合の対処方法

年末の確定申告時にこの様な問題が発生した際に、その場で解決方法を調べればいいのですが、確定申告準備中に時間をかけて調べるより、今の内から対象方法を理解しておきましょうというのが、今回のお話となります。

freee公式サイトのアナウンスを確認すると解決方法が見えてくる

freeeの公式サイトでは以下の様に解説されています。

1つの口座振替を登録すると、「振替元から振替先に○円の移動があった」として、2つの口座に対して残高の増加・減少が反映されます。

従って、銀行口座間の資金移動について振替元の出金明細と、振替先の入金明細の両方を口座振替として登録すると、二重に記帳がされてしまいます。これを防ぐため、明細が双方存在する場合は片方を無視します。

手数料が発生した場合、通常は振替元の出金明細にのみ手数料の履歴が残ります。このため、手数料分の確認が容易にできるよう、「振替元の出金明細」ではなく「振替先の入金明細」を無視することがおすすめです。

freee口座振替注意点画像

freee公式サイトの解説内容をわかりやすく説明

どういう意味かというと、同期している2つの口座間で口座振替を行った&出金口座側で口座振替登録を行った場合に、入金口座に同期時に反映された通常の入金内容と出金口座振替登録時に自動追記された振替入金内容の重複した2つの内容が反映された状態となります。

スポンサードサーチ

口座振替登録時に重複登録されて残高が合致しない場合は、どうすれば一番いいのか?

この場合の対処方法としては、通常の入金内容を無視する方法が一番最適な方法となります。こちらが、今回の最終的な解決方法となります。とってもシンプルな解決方法となりました。

クラウド会計サービスfreeeはサポートが万全なので安心して活用できる

クラウド会計ソフトfeeeは、国内最大手のクラウド会計サービスとなります。ですので、サポート体制も安心です。

ですので、現在活用されている方は、わからないことがあれば気軽にサポートに連絡を行えば大丈夫です。

また、最後までお読みいただいた方で、まだクラウド会計freeeを活用したことが無い方は、是非この機会に活用してみてはいかがでしょうか?

クラウド会計サービスfreeeは、初回登録から30日間は、無料で活用できますので、ご興味がある方は、以下のバナーリンクから詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

また、実際に私の体験談や評判をまとめた記事も有りますので、こちらもお読みいただければ、クラウド会計サービスについて少しは理解をふかめていただけると思いますので、よろしくお願いします。

クラウド会計サービスfreeeの体験談と評判

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする