マイナンバーカードで10万円の特別定額給付金オンライン申請の体験談

特別定額給付金申請はネットでもできるって本当?

コロナウイルス感染症の政府の支援策である10万円の特別定額給付金が始まりました。給付を受けることができるのは、日本在住の全国民となっており、申請できるのは世帯主で世帯全員分の申請を一括で行う事となります。申請方法については郵送での申請とオンラインでの申請と二つありますが、郵送での申請よりネットでオンライン申請を行った方が早いと言われていますが、以下の様なお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

どうやってオンライン申請するのかわからない

郵送での申請以外にオンラインでの申請があるのは知っているけど、具体的にどうやってオンライン申請するのか全くわからない

オンライン申請に何が必要なのかわからない

オンライン申請の際にマイナンバーカードが必要とか言われているけど、その他に何か必要なものは無いのかどうかがわからない

いつから申請できるのかわからない

オンライン申請なら早めに申請ができるのは知っているけど、いつから申請できるのかわからない

 

こういったお悩みの参考になるかと思います。

スポンサードサーチ

特別定額給付金のオンライン申請の方法

案外皆さんは、誰でもオンライン申請できると思われがちですが実は、誰でもできる訳では無いのです。オンライン申請には、いくつか注意点が必要です。そういった方のためにまずは以下を確認しておくのをおすすめします。

オンライン申請は市区町村によって異なりますが、殆どの市区町村で開始されているようです。

2020年5月9日現在では、殆どの市区町村でオンライン申請が開始されているようです。詳しくは在住の市区町村HPで確認する事をおすすめします。

オンライン申請には事前準備が必要です

特別定額給付金のオンライン申請には、事前準備が必要です。

以上の事前準備が必要です。特に皆さんが勘違いしがちなのは、マイナンバーカードです。マイナンバーカードはICチップ入りのカードであり、紙のマイナンバー通知カードでは無いので注意が必要です。これらの内、どれが欠けてもオンライン申請ができませんので、それぞれを準備しておいてください。

特別定額給付金のオンライン申請の流れがわかります

私が実際に行ったオンライン申請の流れを以降で解説しようと思います。

実際に私が行った特別定額給付金のオンライン申請の流れ

私は、確定申告をe-taxで行っているため、ICカードリーダーとマイナンバーカードを持っていたため、今回パソコンを使って特別定額給付金のオンライン申請を行いました。ここでは、実際に私が行ったパソコンを使ってのオンライン申請の流れをざっくりと解説したいと思います。

  1. マイナポータル(ぴったりサービス) を開く
    マイナポータル
  2. ①の郵便番号を入力して地域を検索する
    ぴったりサービス
  3. ②のぴったり検索で「特別定額給付金」を選択して「この条件で探す」を押す
  4. 特別定額給付金の選択画面が再度出るのでチェックボックスをレ点して、申請するを押す
  5. 申請に必要なツール(ICカードリーダー、マイナンバーカード、マイナンバーカードの暗証番号など)を準備して申請画面へログインする
  6. 以下の様な必要事項を入力していきます
    マイナポータル入力画面
  7. 引き続き、受給する家族の名前などを入力していき全て入力できれば申請完了です。
  8. 完了後は、申請完了メールが届くので申請漏れという事は無いので安心です。

申請時間は、およそ10分程度で朝の出勤前にできる位簡単でした。

特別定額給付金が入金されました

なんと、オンライン申請後2020年5月11日入金されていました。経済復興に活用しようと思います。

 

マイナンバーカードを既に持っている人は今すぐオンライン申請すべき

現在は、マイナンバーカードを持っていなくて、マイナンバーカードを新規発行するのに2,3ヶ月かかると言われています。もちろん今すぐマイナンバーカードの発行申請を行うのも大事ですが、既にマイナンバーカードを持っている人は、今すぐ申請すべきだと思います。最短で申請完了から2週間程度で特別定額給付金が振り込まれるようですので、絶対におすすめします。

但し、マイナンバーカードを持っていても対応しているスマホやICカードリーダーを持っていない人は、早めにどちらかを購入した方が良いと思います。スマホを新しく購入するのはちょっとハードルが高いので、ICカードリーダーを購入してオンライン申請する事をおすすめします。ICカードリーダーも高騰してきているので、以下を参考に早めに購入するのをおすすめします。

スポンサードサーチ

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。コロナウイルスで困っている方が少しでも早く救済される事を願っています。

タイトルとURLをコピーしました