電子契約書のおすすめサービス 2020年版

スポンサーリンク

電子契約書の導入で迷っていませんか?

最近テレワーク・リモートワークが増え、対人での交渉も少なくなってきています。そんな中、紙の契約書を使わない電子契約というのが徐々に普及してきています。まだまだ少ないのですが、今後更に拡大していく事は間違い無いのですが、電子契約に関して色々と不明点が有ると思います。

電子契約書を導入すれば本当にペーパーレスになるのか?

電子契約を導入すれば紙の契約書は本当に不要になるのか?よくわからない。

具体的にどういったメリットがあるのか?

ペーパーレス化に繋がるのは理解できるけど、他にどういったメリットがあるのか?デメリットは無いのか気になる。

電子契約書はどこで導入できるのか?

電子契約はどうすれば導入できるのか?サービスが有るのであれば料金設定なども含めて紹介して欲しい。

 

こういったお悩みの参考になりますので、興味が有る方はご覧ください。

スポンサードサーチ

電子契約を導入できれば時間もコスト大幅削減

電子契約書を使うことでどういったメリットが有るのか?デメリットは無いのか?などを見ていこうと思います。

数年後には電子契約書が紙の契約書より普及しているかも!?

2020年10月日本では、菅内閣が発足され政府では、テレワークの普及を促進させるために書類への捺印不要を推進し始めています。これまで、契約書は捺印されていないと効力を持たないと思う人も多くいたのですが、本当は契約書は捺印が無くても効力を失わないという事が徐々に浸透していっています。このような情勢も有り、電子契約サービスを後押しする要因が増えて言っていることも有り、今後更に電子契約サービスが普及されると予測できます。

恐らく、数年先には自社で電子契約を導入していないとしても、取引先から「電子契約でお願いします」という日が来るのは間違いないので、この機会に電子契約サービスの導入を検討する事は良い事だと思います。

ペーパーレス化で用紙代・印紙代のコストカットになる

これまで、紙の契約書を締結する場合には、紙代・印刷代・印紙代という契約書作成にあたってのコストがかかっていました。しかし、電子契約書に切り替えることで、このコストが不要になります。特に印紙代は契約金額によっては数千円から数万円単位で発生するため、この印紙代が不要になるのは大きいです。

ネット経由で無駄なやりとりが無い

紙の契約書の場合、作成した契約書は直接もしくは郵便でのやり取りのため、お互いのスケジュール調整が必要になるケースも有るため、契約締結までに一定の日数が掛かります。しかし電子契約書の場合は、オンライン上でどこからでも契約書にアクセスできるため、最短で数時間で契約締結する事ができるというメリットが有りますね。

導入コストが気になる

電子契約の導入には「自社で全て開発する」と「電子契約サービス」を導入するの2通りの方法が有りますが、「自社で全て開発する」には相当のハードルが有ります。なので、ほとんどの企業が電子契約サービスを導入しています。そうなると、一定のランニングコストが掛かる事がデメリットになりがちですが、どの電子契約サービスも企業に合わせてプランを選択できるので、思うほどのデメリットにはなりにくいと思います。

使い方が難しそう

電子契約サービスを利用するにあたって「使いこなせるか不安」という声が当然有ります。しかし、普及している電子契約サービスは、インターフェースがとても良くできていて初心者でも簡単に操作できるように開発されていますので、初めは慣れるのに不安が有るかもしれませんが、一度作成した契約書はテンプレート化されるので、慣れてしまえば紙の契約書を作成・製本するより簡単に作成する事ができると思います。

 

この様に、電子契約書はデメリットが全く無いとは言えませんが、その殆どが解決できる内容でメリットの方が大きいのかなと思います。

おすすめできそうな電子契約書サービス

実際にサービスインしている電子契約サービスをいくつか紹介しようと思います。もし興味が有るサービスが有ればご覧ください。

GMO電子印鑑Agree 業界最大手の電子契約サービス

GMO電子印鑑Agreeは、東証一部上場のGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が運営する電子契約サービスです。GMOはGMOグローバルサインという電子認証局を持っているので、セキュリティや電子署名に関しては国内最高峰の実力を持っています。GMO電子印鑑Agreeであれば、セキュリティリスクはほぼ無い状態で電子契約へ移行できるものと思います。

GMO電子印鑑Agreeのサービス内容

  • 運営会社:GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(東証一部)
  • 主な電子書類:契約書・申込書・受発注書
  • 使える署名タイプ:電子サイン・電子署名・手書きサイン
  • 初期費用:0円
  • 月額:10,000円~ + 1送信あたり100円~

GMO電子印鑑Agreeの特徴

GMO電子印鑑Agreeの特徴は以下のようです

  • 契約書作成~締結までの進捗を管理画面上で確認できる
  • 契約更新ももちろんオンラインでできる
  • 作成した契約書はキーワードや契約金額など色々な方法で探すことできる
  • 作成した書類はフォルダ毎に整理することができる
  • オプション機能を活用すれば、既存で使用しているシステムとの連携も可能になる
  • 全ての書類は毎日自動でバックアップが取られているから、もしもの時も安心

更に詳しい情報や契約方法に関しては、以下の公式サイトをご覧ください。

リーテックスデジタル契約

リーテックスデジタル契約は、法学者と大手弁護士事務所が監修した電子署名法と電子記録債権法を併用した新しいデジタル契約と謳っています。

リーテックスデジタル契約のサービス内容

  • 運営会社:リーテックス株式会社
  • 主な電子書類:契約書・申込書・受発注書
  • 使える署名タイプ:電子サイン・電子署名
  • 初期費用:0円
  • 月額:10,000円~10,000円(5~20回まで送信無料 )

リーテックスデジタル契約の特徴

リーテックスデジタル契約の特徴は以下のようです。

  • 国の電子債権記録期間のTranzax電子債権株式会社との連携し、金融機関同等のセキュリティを確保
  • ログイン時にはワンタイムパスワードで不正ログインを防止
  • 特定認証機関の電子署名で第三者の契約書改ざんを防止
  • 契約状況や収支は管理画面上で確認できるので日々の契約マネジメント負担も軽減できる
  • 紙の契約書もPDF登録を行えば、電子契約書と同じように一元管理ができる

更に詳しい情報や契約方法に関しては、以下の公式サイトをご覧ください。

スポンサードサーチ

フリートライアルで電子契約を試してみるのがおすすめ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

少しは、電子契約のメリットやサービス内容を理解できたでしょうか?どのサービスも基本的には同じようなサービス内容となっているのかなと思います。後は、皆さんの業種や自分好みのインターフェースかなどで判断してはどうかな?と思います。

今なら、どのサービスもフリートライアルができるので、実際に試してみてはいかがでしょうか。

GMO電子印鑑Agreeでお申し込みフォームで「お試しフリー」を選択すればOK

リーテックスデジタル契約で新規利用申し込み時に「エントリー」を選択すればOK

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました