AdSenceのモバイル全画面広告がパソコンでも表示開始されるらしい

スポンサーリンク

AdSenceのモバイル全画面広告がパソコンでも使える

皆さんはAdSenceのモバイル全画面広告(インタースティシャル広告)ってご存知ですか?よく聞く言葉で言うと、インタースティシャル広告ですね。

スマホサイトを閲覧中に、次ページへ遷移する際のロード中に表示される全画面広告の事なんですが、このモバイル全画面広告を、パソコンでも表示されればいいのに…と思ったサイト運営者様は多いかと思います。ただパソコンで表示させる方法ってどうやるのか?わからないですよね。

そんな時、Googleからモバイル全画面広告に関するアナウンスがありました。

モバイル全画面広告を、より広い画面サイズでご利用いただけるようになりました。モバイル全画面広告が有効になっているサイトでは、まもなくモバイル全面広告がパソコンなどの広い画面で表示されるようになります。Google のテストにより、モバイル全画面広告は広い画面での閲覧時にも効果を発揮することがわかっています。

パソコンでモバイル全画面広告を表示したくない場合は、自動広告設定の新しい [ワイド スクリーン] コントロールを使用して、モバイル全画面広告をオフにしてください。なお、ワイド スクリーンでのモバイル全画面広告の配信が開始するのは 2020 年 11 月 3 日以降です。

これは、サイト運営者様にとってどういったメリットや影響があるのか考えてみようかなと思います。

モバイル全画面広告ってどういったものか?

そもそも、モバイル全画面広告(インタースティシャル広告)を見たことが無い人や、イメージが付かない方が多いかと思います。なので、実際にモバイル全画面広告が表示された際のイメージ画像を、まずは紹介します。

スマホ広告

皆さんは、ネットサーフィンをやっていて、次のページへ移動する際に、このような画面一杯の広告を見た事は有りませんか?

これが全画面広告になります。

Googleのアナウンスによると、この全画面広告が2020年11月3日からパソコンでも表示させることができるという話しですね。

スポンサードサーチ

パソコンでモバイル全画面広告が表示された時の影響

パソコンでモバイル全画面広告(インタースティシャル広告)が表示されるのは、2020年11月3日以降とされています。

一斉に適用されるのか?国別に徐々に適用されるのかはわかりませんが、仮に適用された場合にどういったメリットがあるのかを考えてみたいなと思います。

AdSenceの収益上がる

モバイル全画面広告(インタースティシャル広告)は、ディスプレイ広告や記事内広告と比較すると収益性が高いと言われています。なので、少なからずパソコンからのアクセスが有るサイトにとっては、広告収益向上のチャンスと捉える事ができるかなと思います。

離脱率上がってしまう

モバイル全画面広告(インタースティシャル広告)は、ユーザーがページ間やサイト間を移動する際に主に表示される広告であるため、同一サイト内を回遊する場合に離脱率が上がってしまう可能性が有ると言われていますので、過度な広告表示には気を付ける必要が有りそうですね。

Googleから低評価を受けてSEOに悪影響が有る?

パソコンを含めたインタースティシャル広告の良く聞く話としては、インタースティシャル広告を実装するとGoogleから低評価されるという話がありますが、少し違うようです。

Googleが記したインタースティシャル広告の導入における禁止事項に該当した時に悪影響が有るようです。

Googleのインタースティシャル広告の導入における禁止事項を掲載しておきますので、興味がある方はご覧ください。

インタースティシャル広告の導入における禁止事項 - Google AdMob ヘルプ
アプリの読み込み時や終了時の表示 インタースティシャル広告はアプリの読み込み時や終了時に表示してはいけません。表示が許可されるのはアプ

私なりの解釈になりますが、「同一サイト内のページ間での移動」「別サイトへの移動」この間で表示するインタースティシャル広告については、問題なさそうです。

ただし、ページのコンテンツを読んでいる途中などに、いきなりインタースティシャル広告を表示させたりすると禁止事項に該当するようなので、気を付けないといけないみたいです。

モバイル全画面広告は表示させるべきなのか?

サイト運営者は、良質なコンテンツをユーザーに提供するために、日々頑張っています。

コンテンツを提供するためには案外時間という名のコストが多くかかります。その対価としてこのような広告収入というのは非常に大切ですし、モチベーションなのです。

そういった意味でも、常識の範疇での広告表示には賛成です。私もその一人です。

なので、ルールの範囲内でモバイル全画面広告(インタースティシャル広告)を掲載するのをおすすめしたいと思います。

どうすればパソコンでモバイル全画面広告を表示させるのか?

モバイル全画面広告(インタースティシャル広告)をパソコンで表示させるには、予めAdSenceの広告設定で「モバイル全画面広告」の「幅の広い画面」を有効にしておく必要が有ります。

その方法を紹介していきます。

AdSenceでモバイル全画面広告をパソコンで表示する方法

  1. AdSenceのホームを開きます
    Google AdSense - ウェブサイトを収益化
    Google AdSense を使用してウェブサイトを収益化しましょう。広告のサイズは自動的に最適化され、表示とクリックが促進されます。
  2. 左メニューの「広告」を押します
    AdSenceホーム
  3. 「サイトごと」の下の「すべてのサイト」からドメインを選択してペンマークの「編集」を押します
    AdSence>広告掲載の自動化
  4. 右メニューの「広告のフォーマット」を押してメニューを展開します
  5. 「モバイル全画面広告」とその下の「幅の広い画面」をアクティブにします
    AdSence>モバイル全画面広告
  6. ページを閉じます
  7. サイトに戻って、モバイル表示で全画面広告が表示されれば完了です

ここまでできれば、後はパソコンで全画面広告(インタースティシャル広告)の表示が開始されるのを待つだけですね。

スポンサードサーチ

今の内にAdSenceの理解を深めておこう

ここまでお読みいただきありがとうございます。

少しはモバイル全画面広告(インタースティシャル広告)について理解できましたか?とはいえ、AdSenceはとっても奥が深いので日々学ぶ事が必要です。もちろんライバルも大勢います。

私たちができる事は、色々な書籍を読んでライバルと差を付けて良質なコンテンツを提供し続ける事です。

お役に立てるかはわかりませんが、Google AdSenceのためになりそうな書籍を載せておきますので、興味がある方はご覧ください。

Google AdSence書籍紹介

Google AdSense マネタイズの教科書

元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense 収益・集客が1.5倍Upするプロの技60

アフィリエイトプログラムとの併用もお忘れなく

AdSenceだけでは無く、コンテンツの内容に沿ったアフィリエイトリンクを設置するのもお忘れなく!どちらも上手く活用して収益化に繋げていきましょう。

バリューコマース
バリューコマース公式

A8.net
A8.net

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました