WordPressの投稿一覧に最終更新日を表示させる方法

WordPressの投稿一覧ページに更新日表示していますか?

WordPressで投稿記事が多くなってくると、次の課題として過去記事のリライトが出てきます。

WordPressで過去記事をリライトする際の悩みとして、以下が出てきます。

投稿一覧で公開日じゃなくて更新日を見たい
各記事の更新日を一目で分かるようにしたい
投稿記事をリライトしたいけど更新日を見る事ができない

WordPressの投稿一覧のデフォルトでは、記事の公開日は表示されますが、公開後の記事の更新日を表示する機能が実装されていません。

そうなると、過去の記事をリライトする時に「この記事の最終更新日はいつだっけ?」という壁にぶち当たります。

私も投稿記事の最終更新日がわからない壁にぶち当たりました。

今回は、このリライトする時にぶち当たるWordPressの投稿一覧ページで最終更新日を表示する方法の紹介となります。

スポンサードサーチ

更新日順にソートできればリライトする時に便利

記事のリライトはSEOに効果があるとされている

前述しましたが、当サイトでも定期的に過去記事のリライトを心掛けています。

そして過去に、同じように過去記事の最終更新日を一覧で把握できずに四苦八苦していた時期が有ります。

WordPressで記事を公開し始めた時は、新しい記事を書くことばかりに注力してしまって内容が薄くなりがちです。

内容の薄い記事というのは、ターゲットキーワードに関して専門性や独自性が薄いという事を指しますが、私もはじめはそうでした。

そういった記事を現在の知識でリライトする事は、とても意味が有るし長期的にはSEOに効果が有ると思っています。

しかし、WordPressのデフォルトでは、投稿一覧ページで記事の最終更新日を表示する事は出来ません。

なので、今回紹介するWordPressの投稿一覧ページで各記事の最終更新日を表示する事は、とっても価値が有ると思っています。

更新日順に並べば簡単にリライトできる

もし、投稿一覧で記事が更新日順で並べ替える事が出来るようになればどうでしょう?

更新日の古い順に並べ替える事ができれば、過去記事をリライトする際にとても役立つ事でしょう。

更新日の古い順=リライトする優先順位と位置付ければ、日々のリライト作業もきっと捗る事だと思いませんか。

長期的なSEO対策に繋がる

記事のリライト=SEO効果、というのはご存知の様にそう単純では有りませんよね。

しかし、上位サイトの多くが定期的な記事のリライトを行っていることは紛れもない事実です。

短期的では無く、中長期的なSEO対策として捉える事が必要だと思います。

そういった意味でも、投稿一覧ページで更新日順に並び替える事が出来れば、日々のリライト作業も簡単になるので、きっと役立つと思います。

WordPressの投稿一覧を更新日順で並び替える具体的な方法

テンプレートを編集して更新日順で並び替える方法

それでは、投稿一覧ページで更新日を表示する手順を解説していきます。

    1. ダッシュボードを開く
    2. 外観>テーマエディターを押す
    3. function.phpを開く
    4. 以下のコードを追加する
      // 最終更新日を表示&ソート -----------------------------------------
      add_filter( 'manage_edit-post_columns', 'aco_last_modified_admin_column' );// Create the last modified column
      function aco_last_modified_admin_column( $columns ) {
      $columns['modified-last'] =__( '最終更新日', 'aco' );
      return $columns;
      }
      add_filter( 'manage_edit-post_sortable_columns', 'aco_sortable_last_modified_column' );// Allow that content to be sortable by modified time information
      function aco_sortable_last_modified_column( $columns ) {
      $columns['modified-last'] = 'modified';
      return $columns;
      }
      add_action( 'manage_posts_custom_column', 'aco_last_modified_admin_column_content', 10, 2 );// Format the output
      function aco_last_modified_admin_column_content( $column_name, $post_id ) {// Do not continue if this is not the modified column
      if ( 'modified-last' != $column_name )
      return;$modified_date = the_modified_date( 'Y年Md日' );echo $modified_date;
      }
    5. 「ファイルの更新」を押します
    6. 「投稿」を押します
    7. 投稿記事一覧の最右に「最終更新日」が表示されているのを確認します
      WordPress投稿一覧最終更新日順
    8. 完了です

いかがでしたか?

投稿記事一覧に「最終更新日」が表示されていると思います。

④のコードについては、以下のサイト様を参考にさせていただきました。

【WordPress】投稿一覧に「最終更新日」を表示しソートする方法|せかWeb
WordPressには、「投稿日」と「最終更新日」という2つの日付が、各投稿記事に記録されています。 記事内に表示される

ありがとうございます。

一度表示させれば後は並び替えるだけ

今回紹介した方法で、無事に投稿一覧ページで更新日を表示させることが出来れば、後は好きな時に「更新日の新しい順」「更新日の古い順」へ並び替える事が出来るようなったと思います。

記事一覧更新日の古い順

上手に活用してみましょう。

テンプレートを編集するので細心の注意で行おう

これから紹介する、投稿ページで更新日順に並び替える方法は、テンプレートを編集する必要が有ります。

順番に作業を行えば、問題は有りませんが、誤った編集方法だとサイトのデザインが崩れる心配が有るので、細心の注意で行いましょう。

スポンサードサーチ

WordPress記事を効率良くリライトしたいのならおすすめ

ある程度記事数が増えたWordPressユーザーにはおすすめ

サイトを運営し始めて有る程度記事数が増えていき、これからも継続してサイト運営を行っていこうと考えているのであれば、更新日順で並び替える方法はおすすめです。

記事数が増えていくと、次のステップとして過去記事のリライトは実施しようか?必ず迷う事になります。

そういった時に今回紹介した方法を使えば、これからのWordPressサイト運営にきっと役に立つと思うので、今の内に活用してみてはいかがでしょうか。

WordPressに関するその他の悩み

WordPressに関する悩みは尽きることは有りません。

当サイトで人気の有るWordPressに関する記事を紹介しますので、興味が有る方はご覧ください。

WordPressで効果的なAdSense広告の貼り方

WordPressで売上の上がるAdSenseの掲載方法はどれなのか?記事内に広告を設置する方法は?
ブログやサイトにAdSenseを掲載するのはもはや一般的です ご訪問いただきありがとうございます。 今や、誰でも知識が有ればブログやサイト運営をする事が可能です。運営目的は様々かと思いますが、運営にはサーバー管理費や人件費などのサイ...

WordPressのサーバーはエックスサーバーがおすすめの理由

エックスサーバーが大幅増強!契約するなら今しかない 2020年5月版
国内最速レンタルサーバーのエックスサーバーが大幅増強されました。データベース数やメモリ数が大幅増強されたので解説します。エックスサーバーの評判も掲載していますので、参考にしてください。

WordPressで会員制サイト作る方法

【WordPress】会員制サイトのプラグイン紹介
WordPressを使って会員制サイトを作成する際の最新のおすすめプラグインを紹介しています。オリジナルコンテンツを会員限定公開したいサイトオーナーにおすすめです。最新の会員制サイトプラグインを紹介していますので、これから会員制サイトを作成したい人にもおすすめです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました