「保護されていない通信」と表示されて困った時の解決方法

「保護されていない通信」と表示されて困っていませんか?

WEBサイトのセキュリティ対策でSSL化というのが有ります。

設定方法の多くは、レンタルサーバーのコントロールパネルから行います。

しかし、設定を行ったにもかかわらず正しくSSL化がされていない事が有ります。

そして、解決方法を自分で調べても中々解決方法がみつからない事も多々有ります。

SSL化設定したのに非SSL状態のまま
https設定を行ったのにhttpのまま
正しくSSL設定を行う方法を知りたい
「保護されていない通信」と表示されたままとなっている

そこで今回は、「保護されていない通信」と表示されたままとなっている時の手動での解決方法を紹介します。

スポンサードサーチ

mixhostを使って「保護されていない通信」が切り替わらない問題を解決

「保護されていない通信」がどういった状況なのか?なぜ「保護されていない通信」が「この接続は保護されています」に切り替わらないのか?気になっていると思います。

「保護されていない通信」の対処方法を解説します

非SSL化のセキュリティリスクを考えて、SSL化設定を行ったのに「保護されていない通信」と表示されたままの方は不安だと思います。

こちらの記事では、レンタルサーバーの「MixHost」を例に対処方法を解説しています。

Googleで色々検索する前に、試してみてはいかがでしょうか。

サイトの信頼性が高まる

現在、WEBサイトの主流は「https」化されていて暗号化通信されています。

しかし、一世代前の「http」サイトの場合、暗号化されていない為ハッキングリスクが高まります。

「保護されていない通信」=「http」サイト

保護されていない通信

「この接続は保護されています」=「https」サイト

通信は保護されています

なので、もしSSL設定を行ったのに「保護されていない通信」と表示されている場合は、対策を講じた方が良いと言えます。

時間の経過で解決する事も有る

この記事では、手動で解決する方法を紹介していますが、数日経過する事で解決する場合も有ります。

なので、まずは数日待ってみるのも良いかもしれません。

「数日待った!」

「今すぐ解決方法を知りたい!」

こういった方は、参考にしてみてください。

「保護されていない通信」を手動で解決する方法

これまでお伝えした内容で「保護されていない通信」がどういう状態を意味するのか?理解できたかと思います。

では、具体的にどのようにしてこの問題を解決するのかを解説していこうと思います。

SSL証明書を自動更新する方法

私が現在契約しているレンタルサーバーの「MixHost」を使って、具体的に解説します。

結論から言うと、対象ドメインのSSL証明書を自動更新する方法となります。

  1. 「mixhost」にログインします
    mixhost
  2. 「cPanel」にログインします
    cPanel
  3. 「セキュリティ」>「SSL/TLS Status」を押します
    SSL/TLS Status
  4. 対象ドメインの「Exclude from AutoSSL」を押します
    Exclude from AutoSSL
  5. 「AutoSSL Domain Validated」に切り替わったのを確認します
    AutoSSL Domain Validated
  6. サイトを確認します
  7. 「この接続は保護されています」となっているのを確認できれば完了です
    通信は保護されています

いかがでしょうか?上手くできたのであればおめでとうございます!

もし、改善されないのであればひとまず時間をおいて様子を見てみましょう。

cPanelを使っていれば他サーバーでも使える

解説した「保護されていない通信」を手動で解決する方法は、cPanelを利用した方法となります。

なので、MixHostでなくてもcPanelが採用されているレンタルサーバーであれば試す事ができます。

スポンサードサーチ

https化していないなら今すぐすべき

「保護されていない通信」を手動で解決する方法は理解できましたか?

もし、SSL化の設定を行ったけど「保護されていない通信」が表示されたままの方は是非試してください。

そして、これからSSL化によってhttpsになりたいと考えている方は、以下の記事を読んで是非試してみてください。

これからのWEBサイト運営には必須の設定です。

WordPressでhttpsに変更した際にやるべき事

WordPressで常時SSL化(https)でやる事まとめ
WEBサイトの常時SSL化(https)の方法を解説しています。WordPressサイトを例にわかりやすく常時SSL化の手順を解説していますので、これからhttpsサイトを構築しようと考えている方は必見です。

おすすめレンタルサーバー

今回は、MixHostを例に「保護されていない通信」を手動で解決する方法を解説しましたが、私がメインで使用しているレンタルサーバーはエックスサーバーです。

そして、当サイトもエックスサーバーで運用しています。

もし、まだレンタルサーバーを契約していない人や、新たなレンタルサーバーを探している人は是非以下の記事も読んでみてください。

mixhostを使ってみた感想

レンタルサーバーのmixhostでワードプレスを使ってみた体験談と評判
レンタルサーバーのmixhostの解説です。mixhostのメリット・デメリットや実際に使ってみた体験談から評価をしています。ワードプレスサイトでmixhostを検討している方は参考になります。

エックスサーバーについて

エックスサーバーが大幅増強!契約するなら今しかない 2020年5月版
国内最速レンタルサーバーのエックスサーバーが大幅増強されました。データベース数やメモリ数が大幅増強されたので解説します。エックスサーバーの評判も掲載していますので、参考にしてください。

cPanelが使えるジェットボーイ

ジェットボーイの評判と体験談 WordPressのレンタルサーバー選び
クラウド型レンタルサーバーのジェットボーイのメリットや評判を紹介しています。ジェットボーイが何故選べるているか?人気なのかをサービス内容や料金プラン度を紹介しながら解説しています。
タイトルとURLをコピーしました