ハイレバレッジは上手くやればメリットが高い 注意点も解説

海外FXのハイレバレッジってどの位儲かるのか?

FXトレードをハイレバレッジで行うには海外FX業者を利用する他に手段は有りません。

国内FXはレバレッジ25倍と規制が掛かっているのに対して海外FXなら500倍・1,000倍ととても魅力手です。

レバレッジ500倍で必要証拠金はいくらなのか?
レバレッジ1,000倍で取引すればいくらくらい儲かるのか?

今回はハイレバレッジ時の目安となる証拠金の金額やハイレバトレードした時のメリットやデメリットの解説となります。

まだ海外FXを利用したことが無いのであれば私も利用しているこちらのFX会社を検討してはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

レバレッジとハイレバレッジを学ぼう

FXトレードを行うには、FX会社証拠金を預けなければなりません。

この証拠金を元手に証拠金の〇倍の取引を行いますが、この〇倍というのがレバレッジにあたります。

レバレッジが高いほど取引金額が高くなるので損益は高くなるので注意が必要です。

しかし、上手にコントロールする事で短期間で大きな収益を上げる事ができるシステムなんです。

国内FXと海外FXの証拠金の違いを知ろう

次に証拠金について学びましょう。

私が利用している海外FXでは500倍までレバレッジをかける事が出来ます。

レバレッジ500倍の際にどの程度の証拠金が必要なのか?を中心に解説していきます。

レバレッジ500倍の証拠金は?

FXでトレードを行う際には国内・海外FX問わず必ず証拠金が必要になります。

証拠金の計算方法は以下です。

必要証拠金=為替レート×取引量÷レバレッジ

海外FXでは500倍以上のハイレバレッジで取引出来るFX会社が多数あります。

例として、レバレッジ500倍で1ドル135円で1万通貨取引する際の証拠金を計算してみましょう。

135円(為替レート)×1万通貨(取引量)÷500倍(レバレッジ)=2,700円

この様にレバレッジが高い程、少ない証拠金でたくさんの通貨の取引を行う事が出来るというのがFXの特徴です。

このハイレバレッジトレードが可能なのは海外FXのみというのが海外FXが大人気の理由なんです!

レバレッジ別に証拠金を比較

国内FXと海外FXではレバレッジの差が数十倍も異なります。

レバレッジ別に必要証拠金を比較しましたので海外FXの取引量がどれだけ多いかを見比べてください。

1ドル135円で1万通貨取引する際の証拠金を比較。

レバレッジ必要証拠金
1倍1,350,000円
25倍(国内FXの限界レバレッジ)54,000円
100倍(海外FXのみ)13,500円
300倍(海外FXのみ)4,500円
500倍(海外FXのみ)2,700円

ご覧の通り、国内FXと海外FXとで大きな差が有るのがおわかりでしょう。

レバレッジをかければかけるほど自己資金は少なくて済みます。

しかし、過剰にレバレッジをかけると一気に損益が大きくなるので注意しましょう。

スポンサードサーチ

ハイレバレッジの注意点

海外FXのハイレバレッジにはレバレッジをかけると一気に利益を増やす事が出来るというメリットが有ります。

その一方で以下の注意点も有ります。

エントリー中の含み損による証拠金維持率の低下に注意
ポジションの持ちすぎによる証拠金維持率の低下に注意

一つずつ解説していきましょう。

エントリー中の含み損による証拠金維持率の低下に注意

ハイレバレッジでエントリーしていると一気に含み益を増やす事が出来ます。

逆に一気に含み損を抱えてしまう事も有ります。

ハイレバレッジの場合大きく含み損を抱えてしまうと、証拠金維持率が一気に100%以下になってしまう事も多々有ります。

なので、エントリ中の証拠金維持率は300-500%を維持するところからはじめるのをおすすめします。

ポジションの持ちすぎによる証拠金維持率の低下に注意

FXで一度に持てるポジションの上限は、FX会社の上限に達しなければ証拠金維持率が100%未満にならなければ幾らでも保有する事が可能です。

その為、万が一ポジションを上限まで保有した状態で含み損を抱えてしまうと、あっという間に証拠金維持率が100%を下回り強制ロスカットになってしまいます。

この様にハイレバレッジで取引をした場合、証拠金維持率が大きく変動する事になるので注意しましょう。

まとめ:ハイレバレッジトレードは上手に活用しよう

国内FXと海外FXとのレバレッジと必要証拠金の違いを中心に解説しました。

レバレッジを大きくかけてトレードをすると数千円・数万円で大きな通貨でトレードする事が可能です。

ハイレバレッジで取引する際は、しっかりと資金管理を行いながらトレードをしましょう。

上手に活用すれば、国内FXと比べ短期間で利益を伸ばすことが出来る事でしょう。

もし、まだ海外FXを利用したことが無いのであれば私も利用しているこちらのFX会社を検討してはいかがでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)の評判は?人気の秘密を解説
海外FXのTitanFX(タイタンFX)を徹底解説しています。狭スプレッドで手数料無料のTitanFX(タイタンFX)の特徴や評判を独自解説しています。
タイトルとURLをコピーしました