WordPressで常時SSL化の方法

常時SSL画像

常時SSLの方法

独自SSLが反映されhttpsでWebサイトが見れるようになったら、httpsへWebサイトレベルを引き継ぐ為リダイレクトをさせる為、WordPress管理画面にログインしてWebサイトのURLを変更しましょう。

データベースを触る事無く、意外なほど簡単な作業です。

WebサイトのURLを変更

WordPress管理画面の一般設定画面を開きます。

WordPress アドレス (URL)”、”サイトアドレス (URL)”の「http」を「https」に書き換えましょう。
書き換えたらログアウトして、再びログインすると完了です。

Webサイトの画像やプログラムのURLを変更

WordPressテーマ内の画像やプログラムを絶対パスで指定している場合は、パスのURLを「http」から「https」に変更しましょう。

テーマ内で絶対パスではなく下記テンプレートタグを使っている方は変更箇所が少ないと思います。

htaccessで、HTTPからHTTPSへリダイレクト

httpとhttpsのWebサイトは別サイト扱いになるので、301リダイレクトで検索エンジンの評価の引き継ぎをしましょう。

.htaccessに以下を追加してサーバーUPを行えば、httpでアクセスしたユーザーに自動で301リダイレクトされて、httpsにアクセスされます。

Google Search Consoleの登録

Google Search Consoleに独自SSLのWebサイトを登録しましょう。

プロパティを追加」ボタンでhttpsのWebサイトを追加します。
Webサイトの確認を行います。

サイトマップを登録します。「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックし、sitemap.xmlを入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックすれば登録完了です。

Googleアナリティクスの変更

Googleアナリティクスの変更をしましょう。
変更箇所は2つ。

対象のWebサイトのプロパティ設定画面を開き、”デフォルトのURL”の「http://」のボタンをクリックし、「https://」に変更をしましょう。

次に、”googleアナリティクス”と”Googleサーチコンソール”とを関連付ける為、「Search Consoleを調整」ボタンをクリックし、紐付けをします。

トラッキングコードの変更はありません♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする