WordPressで常時SSL化の方法:https://~

常時SSL画像

Googleでは、気密性の高い情報を扱うページ(カード情報や個人情報を登録する会員登録ページ)では、https://で始まるSSL化を推奨しています。

そして、Google Chromeでは、SSL化を行っているページでは、「保護された通信」というラベルが表示されるようになりました。

また、Googleは公式ブログにて以下のようにSSL化を行っていない全てのページにおいて「保護されていな=安全では無い」というラベルを表示していくと言っています。

将来的には、すべての HTTP ページを安全でないと明示し、HTTP セキュリティ インジケーターを、破損した HTTPS に対して表示されるものと同じ赤い三角形に変更する予定です。

また、将来的にSSL化はSEOにも効果が見込めるようです。

そこで、WordPressで運営しているサイトの全てのページをSSL化(常時SSL化)を行う方法を解説していきます。

運用サーバーでSSL設定を行う

事前に運用しているレンタルサーバーのコントロールパネルにてSSL設定を行っておいてください。設定方法については、各レンタルサーバー会社によって異なると思いますので、割愛させていただきます。SSL設定を行った後に運営サイトのURLをhttps://~で表示されるのに時間がかかる場合が有りますので、正常に表示されたのを確認した後に次のステップに進んでください。

WebサイトのURLを変更

WordPress管理画面の左メニューの設定>一般を開き以下を変更します。

WordPress アドレス (URL):http:// → https://

サイトアドレス (URL):http:// → https://

「変更を保存」を押すとログイン画面に戻るので再びログインすれば完了です。

Webサイトの画像やプログラムのURLを変更

WordPressテーマ内の画像やプログラムを絶対パスで指定している場合は、パスのURLを「http」から「https」に変更しましょう。

htaccessで、HTTPからHTTPSへリダイレクト

httpとhttpsのWebサイトは別サイト扱いになるので、301リダイレクトで検索エンジンの評価の引き継ぎをしましょう。

.htaccessに以下を追加してサーバーUPを行えば、httpでアクセスしたユーザーに自動で301リダイレクトされて、httpsにアクセスされます。

Google Search Consoleの登録

Google Search Consoleでは、常時SSL化を行った際は新規サイトとしてサイト登録を行うことを推奨しています。

1、プロパティを追加」ボタンでhttpsのWebサイトを追加します。
2、Webサイトの確認を行います。

3サイトマップを登録します。「サイトマップの追加/テスト」ボタンをクリックし、sitemap.xmlを入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックすれば登録完了です。

Googleアナリティクスの変更

Googleアナリティクスの変更をしましょう。
変更箇所は2つ。

対象のWebサイトのプロパティ設定画面を開き、”デフォルトのURL”の「http://」のボタンをクリックし、「https://」に変更をしましょう。

次に、”googleアナリティクス”と”Google search console”とを関連付ける為、「Search Consoleを調整」ボタンをクリックし、紐付けをします。

トラッキングコードの変更はありません♪

以上でWordPressにおける常時SSL化の設定は完了です。レンタルサーバーでのSSL設定が完了すれば、WordPress内での設定自体は15分位で完了すると思いますので、是非皆さんも試してみてください。

ちなみに、常時SSL化の大きなメリットとしては、始めにお話ししたSEO効果なのですが具体的にどういった効果なのかという事と他のメリットも記載しておこうと思います。

常時SSL化のメリット

SEO面での優遇

Googleで、「同じ内容のページおいてhttpのサイトとhttpsのサイトでは、httpsサイトの方を検索順位を優遇する」という事を発言しています。

参考:Google:HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

Googleの公式ブログにて数年前から公言しているので、既にhttpsサイトの優遇措置は適用されているはずですよね。

サイト表示の高速化

ちょっと難しい話になるので簡潔に話すと、httpサイトでは「HTTP/1.1」という通信方式しか使用できなかったのですが、httpsサイトでは次世代プロトコルである「HTTPS/2」という通信方式を使用する事ができるようになりました。この通信方式によってサイトの高速表示(レスポンスの高速化)が行えるようになったという事です。

EC業界の有名な言葉で「サイト表示が0.1秒遅くなると1%売り上げが下がる」「サイト表示が10%早くなると1%売り上げが増加する」という言葉が有る位ですので、是非実践してみてください。