【WordPressテーマ:Simplicity2】のカスタマイズ例

@MrYhiraさんのWordPressテーマ「Simplicity2」を使用した際にCSSやテンプレートphpをカスタマイズした際の方法をまとめています。

テンプレートカスタマイズ

1、記事一覧の画像をサムネイルじゃなくて予めカスタムフィールドやアップロードしておいた画像を表示する方法

simplicity記事一覧

外観>テーマの編集>entry-card.phpを開いて以下のコードを確認する

「img」タグを以下にカスタマイズ

「onerror」で仮に掲載画像が無い場合は代替画像が表示されるようにコードが埋め込まれていますので、代替画像もアップロードしておいた方がいいでしょう。

一覧の表示方法によって「デフォルトのエントリーカード表示の場合」以下や「大きなサムネイルカードの場合」以下の該当箇所を変更しないと表示されないので注意!

2、投稿記事内の関連記事を画像付きで表示した際の画像をサムネイルじゃなくて予めカスタムフィールドやアップロードしておいた画像を表示する方法

simplicity関連記事一覧

外観>テーマの編集>related-entry-thumbnail-card.phpを開いて以下のコードを確認する

「img」タグを以下にカスタマイズ

「onerror」で仮に掲載画像が無い場合は代替画像が表示されるようにコードが埋め込まれていますので、代替画像もアップロードしておいた方がいいでしょう。

3、投稿記事本文にテンプレート側で定型記事を挿入する方法

予め各記事に登録しているカスタムフィールド値などを活用して投稿記事本文に個別の画像や情報を掲載する際に、投稿記事のテンプレートに直接追記しておけばWordPressのCMSとしての機能を一層活かすことができます。では「Simplicity2」で投稿記事本文にテンプレート側で記事を挿入する方法を紹介します。

外観>テーマの編集>entry-body.phpを開いて以下のコードを確認する(子テーマをインストールしている場合は、親テーマのentry-body.phpを開く)。

上記コードで投稿記事本文が出力されているので前後に挿入したい記事内容を追記していけば完了です。

カスタムフィールドをテキストで出力する方法は以下です。

{カスタムフィールド名}を各投稿記事に登録されているカスタムフィールド名に変更すれば完了です。

とても簡単なので是非試してみてください。