エクセルでスペースの一括削除ならTRIM関数

エクセルの不要なスペースを削除したくてウズウズしていませんか?

エクセルで複数の人が同時に編集するファイルを取り扱っていると、それぞれ文字入力方法が異なって連続してスペースが挿入されたり、文末に半角スペースが挿入されていたりと煩わしい時ってありますよね?

そんな時に「一括して無駄なスペースを削除したい」と思った事は有りませんか?

今回はそんな要望を叶える、不要なスペースを削除するTRIM関数の解説です。

スポンサードサーチ

エクセルで不要なスペースの削除方法とメリットがわかる

不要なスペースを削除するにはどの様な関数を使うのか?使うとどうなるのかを解説します。

エクセルでスペースの一括削除はTRIM関数

今回のテーマのエクセルで不要なスペースを一括で削除する為に使うエクセルの関数は「TRIM関数」です。

TRIM関数は、セルの中のスペースを削除する文字列操作系の関数で具体的な役割は以下となります。

セル内の文字の先頭もしくは末尾に余分なスペースが入っている時に全てのスペースを削除する

セル内の文字に連続して複数のスペースが入っている時に1つだけのこしてスペースを削除する

凄い簡単な機能ですが、結構使える関数なのでこの機会に使い方を学んでみてはいかがでしょうか。

ストレス無くエクセルを同時編集できるようになれる

これから解説するTRIM関数を使いこなせば、不要で無駄な半角スペースが挿入されていても一括削除できるようになるので、エクセルファイルの管理者はいつもよりストレス無くデスクワークに取り組む事ができるのでTRIM関数を学んでみてください!

TRIM関数の使い方

TRIM関数の数式と役割

TRIM関数の数式は以下です。

=TRIM(セルの範囲)

具体的な役割は前述した通り以下となります。

セル内の文字の先頭もしくは末尾に余分なスペースが入っている時に全てのスペースを削除する

セル内の文字に連続して複数のスペースが入っている時に1つだけのこしてスペースを削除する

なので、1つのエクセルファイルを複数の人が編集していて、それぞれが異なった入力方法をしている時などに役立ちますので、是非試してみてください。

スポンサードサーチ

エクセルの関数をもっと活用しよう

エクセルの関数はまだまだ便利なものが沢山有ります。

もし、他の関数に興味が有る方はまとめをご覧ください!

Excelで良く使う関数一覧
兼業フリーランサーの僕が普段良く使うエクセル関数を紹介します。これさえ覚えておけばある程度のエクセル業務はこなせるはずなので覚えておいて間違い無いです。エクセル関数はオフィスワークの最低スキルなので思えておきましょう。

エクセルに関するお悩みなら

エクセルは年々最新バージョンが出ていますが、その度に色々なトラブルが起こるのはつきものです。

これまで私が体験したエクセルに関するトラブル事例はこちらです。

エクセルの入力規則のドロップダウンリストが表示されない時の解決策
エクセルのデータの入力規則でドロップダウンリストが表示されない問題を解決する方法を紹介しています。簡単にドロップダウンリストを再表示させることができるので是非お試しください。
エクセルファイルをPDFで保存する方法
エクセルで作成したシートの内容をPDFで保存する方法を解説しています。会議などのためにエクセルで作成した資料などをPDFで保存すればそのまま会議資料に早変わりします。ペーパーレス化にもなるので、エクセルで作成したファイルをPDFで保存する方法は覚えておいて損はないです。興味がある方はご覧ください。
Excelのクイックアクセスツールバーを使いこなそう
Excelのクイックアクセスツールバーの設定方法を紹介しています。Excelのショートカットキーじゃなくて、クイックアクセスツールバーを使いこなせば今よりもっとExcelでの作業が楽になるはず。よく使うものはクイックアクセスツールバーに登録しておけば他者と差がつくので是非ご覧いただきたいです。

最新のエクセルはサブスクが主流

エクセルは2010までは、売り切りの商品でしたが、最近のエクセルはMicrosoft365という複数のoffice製品がパッケージされたサブスク型が主流となっています。毎月の利用料も数百円からと非常に利用しやすい価格となっているのでおすすめです。

興味がある方は、記事をご覧になってください。

Microsoft365(office365)の価格とクラウド&テレワーク化
Microsoft365(旧office365)でテレワーク化のメリットとデメリットを解説します。マイクロソフトのクラウド化サービスでテレワーク化を目指す際の機能の解説から導入にあたってのメリットやデメリットを実体験を基に解説しています。Microsoft365(旧office365)の価格設定や各プランの違いなどもわかるのでテレワーク化やクラウドサービス導入を検討している方は参考になると思います。

Microsoft365購入リンク

とりあえず、最新版を使ってみたい方は、以下を参考にしてください。

Microsoft 365 Personal

Excelの価格が高い方へ

Excelの価格は年々高騰していますので、もし低価格の互換ソフトを試してみたい方は、こちらが参考になると思います。

WPS Officeとは?互換性とサービス内容を紹介
WPS Officeって知っていますか? 表計算や文書作成ソフトで有名なMicrosoft Officeは皆さんご存じだと思うのですが、同機能を低価格で提供しているWPS Officeはご存じでしょうか?WPS OfficeはMicros...
タイトルとURLをコピーしました