海外FX業者でスプレッドが0に近い最狭業者はどこ?

海外FXの最狭スプレッドはどこか?

海外FXは高いレバレッジを使える事が一番のメリットです。

しかし、国内FXと比較するとスプレッドの広さがネックでなかなか利用できないと考えている人も多いと思います。

結論からお伝えすると、海外FXでもスプレッドの狭い業者はいくつも有ります。

そこで今回は「おすすめ海外FXのスプレッド比較」を中心に解説していきます。

スポンサードサーチ

海外FX別スプレッド比較

私も複数の海外FX業者を利用しています。

おすすめの海外FX業者を例にスプレッドをわかりやすく比較してみようと思います。

初心者向け:スプレッドって?

これからトレーダーデビューしようと考えている人向けにスプレッドについて解説しておきます。

スプレッドとは、手数料の一つで買値と売値の差額を指します。

例えばドル円の買値が130.10円、売値が130.00円の場合は差額の0.10円がスプレッドとなります。

このスプレッドは、通貨ペア毎に異なります。

更には、同通貨ペアでも業者毎に異なります。

このスプレッドが狭い(小さい)程、利益を出しやすくなります。

海外FXスプレッド比較表

メジャーな海外業者を例にスプレッドを比較してみましょう。

ドル円・ユーロドル・ポンド円・豪ドル米ドルを例にまとめてみました(単位pips)。

USDJPYEURUSDGBPJPYAUDUSD
GEMFOREX1.71.73.31.7
TitanFX1.31.13.01.2
LANDFX1.71.22.11.6
XM1.91.64.11.8

スプレッドのみで比較するとTitanFXが最狭スプレッドという結果となりました。

XMと比較するとかなり差が出ていますね。

TitanFXは、ボーナスキャンペーンは殆どやっていないかわりにスプレッドが狭いので長期間本気でトレードに取り組むならおすすめです。

私も利用しています。もし、TitanFXに興味が有る方はこの機会に口座開設してはいかがでしょうか。

TitanFXの次におすすめなのが、私がメイン口座で利用しているLAND-FXですね。

ポンド系なら海外FXでも最狭スプレッドですし、定期的にボーナスキャンペーンも実施しているので証拠金を有効に活用する事が出来ます。

LAND-FXに興味が有る方はこの機会に口座開設してはいかがでしょうか。

まとめ:海外FX業者はトータルバランスで選ぼう

FXトレードにおけるスプレッドの解説と最狭スプレッドのおすすめ海外FX業者を紹介しました。

海外FXは、国内FXよりも高いレバレッジでトレードが出来るのでとっても魅力的です。

更にスプレッドが狭ければ、効率良く利益を積み上げる事が出来るかもしれません。

今回紹介したおすすめの最狭スプレッド業者で口座開設していない方は、この機会にやっておきましょう。

国内業者と同等の低スプレッドが魅力なTitanFX

TITANFX

  • 海外FXではスプレッドが最も狭い
  • サポート対応が迅速
  • 入出金スピードが速い
  • 最新のMT5に対応
  • ビットコイントレードもできる

安定したサーバー稼働のLAND-FX

LAND-FX

  • 安定したサーバーでトレードができる
  • スプレッドが比較的狭くてGOOD
  • 定期的に100%入金ボーナスを実施中
  • ポンド系のスプレッドが最狭
  • 最新のMT5に対応
  • ビットコイントレードもできる
タイトルとURLをコピーしました