【WordPressテーマ:Gush2】のカスタマイズ例

Gush2画像

WordPressテーマ「Gush2」を使用した際にCSSやテンプレートphpをカスタマイズした際の方法をまとめています。

テンプレートカスタマイズ

■ヘッダーにあるサイト説明用の<h2>タグを完全消去する方法:2017/3/28

編集テンプレート:header.php

テンプレート内の以下の場所を検索して削除する

ファイル更新して正常に削除されていれば完了です。

■サイドバー最上部のSNSボタンを完全消去する方法:2017/3/28

編集テンプレート:sidebar.php

テンプレート内の以下の場所を検索して削除する

ファイル更新して正常に削除されていれば完了です。

■投稿ページ本文下のSNSボタンを完全消去する方法:2017/3/28

編集テンプレート:single.php

テンプレート内の以下の場所を検索して削除する

ファイル更新して正常に削除されていれば完了です。

■投稿記事ページの記事本文下の「カテゴリ」「タグ」一覧へのリンクを非表示にする方法

外観>テーマの編集>single.phpを開いて以下のコードを確認する

上記のコードを削除するだけでOKです。今回はいつでも戻すことができるように以下のようにコメントアウトして完了です。

「onerror」で仮に掲載画像が無い場合は代替画像が表示されるようにコードが埋め込まれていますので、代替画像もアップロードしておいた方がいいでしょう。

■記事一覧の画像をサムネイルじゃなくて予めカスタムフィールドやアップロードしておいた画像を表示する方法

外観>テーマの編集>archive.phpを開いて以下のコードを確認する

「img」タグを以下にカスタマイズ

「onerror」で仮に掲載画像が無い場合は代替画像が表示されるようにコードが埋め込まれていますので、代替画像もアップロードしておいた方がいいでしょう。

上記手順をhome.phpにも適用すればその他の記事一覧ページにも適用されます。

■デフォルトで設置されているサイドバーの新着記事一覧の画像をサムネイルじゃなくて予めカスタムフィールドやアップロードしておいた画像に変更する方法

外観>テーマの編集>sidebar.phpを開いて以下のコードを確認する

「img」タグを以下にカスタマイズ

「onerror」で仮に掲載画像が無い場合は代替画像が表示されるようにコードが埋め込まれていますので、代替画像もアップロードしておいた方がいいでしょう。

■投稿記事ページの記事本文下の「関連記事」の表示件数を変更する方法

外観>テーマの編集>single.phpを開いて以下のコードを確認する

上記のコード内の「’posts_per_page’=> 8,」の「8」という数字が関連記事で表示される表示件数を出力していますので、この数字を表示したい数に変更すればOKです。但しGush2の関連記事の並びが横に4件となっていますので、4の倍数にしておくのをおすすめします。

例えば、8→16件に変更する場合は以下になります。

関連記事を充実させたい場合は、数字を大きく。記事本文を中心にサイト構築したい場合は小さな数字にしておくことをお勧めします。

■フッターの「WordPress Theme Gush2」を非表示にする方法

Gush2フッター

WordPressの無料テーマを使用した際によく表示されているこの製作者情報や製作者サイトへのリンクになっているこの箇所。Gush2では「WordPress Theme Gush2」と記載されているのですが、今回はココを非表示にする方法を紹介します。

外観>テーマの編集>footer.phpを開いて以下のコードを確認する

このコードをコメントアウトもしくは削除すればOKです。今回はいつでも元に戻せるように以下の様にコメントアウトで対応します。

特に表示されても問題ないという人はよいのですが、出来る限り外部リンクを減らしたい人などは試してみてください。